holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

スマホ

 妻の携帯が古くなってきたので、この際、スマホにしようと考えましたが、携帯電話大手の料金は非常に高いです。電話はかけ放題が前提で、それだけで基本料金が,2,700円。そしてインターネットも使い放題で、それの値段が一律数千円。多少、使い具合による料金の差はありますが、高いです。おまけに携帯の端末の料金もあります。


 ある大手携帯電話会社に iPhone を利用する場合の見積もりをしてもらいました。携帯電話会社を変えるということで料金の上でのメリットはありますが、5,900円でした。2年使うと、色々なサービスがなくなり、7,000円超える料金になりそうです。携帯大手の三社は、横並びの高料金設定です。以前はソフトバンクが契約者を増やそうと価格破壊をしましたが、今や三社で独占状況です。消費者のために料金を安くしようなどとは考えていないようです。電話かけ放題、インターネット使い放題でメリットを得る人は多くないです。大多数の人は高いお金を払っているわけです。


 そして格安スマホなるものが登場してきました。携帯電話というのは、端末機とsimカードの組み合わせからできています。simカードには様々な情報が入っています。そこで安い料金設定のsimカードが販売されます。そして低料金の端末が販売されます。するとそれを組み合わせたものを販売する会社が出てきます。イオンの格安スマホは、税金込みで月2,000円を少し超える程度です。いくつか制約はありますが、私などは、これで十分な気がします。電話かけ放題なんて関係ありません。インターネットだってメールのチェック、ホームページの閲覧を少々です。


 誰かが旨い汁を吸えば、独り占めにさせまいと他の人がでてきます。ここに競争原理が働きます。携帯大手の寡占状況は続くとしても、高料金設定の殿様商売は長くは続かないと思います。で、妻の携帯をどうするか、今研究中です。操作のやさしいiPhoneで毎月に使用料金を月2,000円以下に押さえるプランを探しています。大手携帯電話会社からすると、僕は抵抗勢力なのです(笑い)。