holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

私が教会に行くようになったきっかけ

f:id:holala:20180925164842j:plain

 

 私は教会の礼拝に誘われ、受洗に至りました。誘われたときから受洗まで数年かかりました。途中で礼拝に行かなくなった時期もありました。私が教会の礼拝に行くようになった経過をお話しします。


 私は大学卒業後コンピュータの会社に入社し、あるプロジェクトに配属されました。そこに一年先輩のHさんがいました。一緒に楽しく仕事をしました。可愛がってくれて楽しかったです。Hさんがある時、「おい堀江、お見合いしないか」と言うのです。彼の父の友人の妻のYさんが相手を紹介してくださいました。HさんがYさんのところに一人で行くのが恥ずかしいので僕に同行を求めたのです。彼もお見合いし、私もお見合いしました。私はまだ若かったので、真剣に結婚を考えることができませんでした。今思えば、結婚するには精神的に未熟であったと思います。結婚するとはどういうことかが分かっていなかったのです。


 お見合いの労をとってくださったYさんが実はクリスチャンでした。Yさんが僕を伝道集会に誘ってくださいました。東京杉並区にある教団の大宮前教会です。伝道集会で話を聞いて、信じれば救われるなんて話がうますぎる、信じて救われるなら苦労しないよ、これはまゆつば物、と受けとめて、教会には行かないと内心決意して帰ったのです。しかしその日、教会が火事になったのです。幸いぼやですみました。ぼやとは言え、驚きました。これは何かの縁だと思って、教会の礼拝に通い続けることにしました。青年会の活動にも参加しました。聖書を一緒に読むことが楽しかったです。クリスマスの時、夜キャロリングをして教会に戻ってきてお汁粉を食べたことを思い出します。


 大宮前教会に通っていたある日M(満丸茂)牧師から洗礼を受けませんかと言われ、会社の帰りに教会に行きました。先生と向き合って座った時、僕は「灰皿はありませんか」と聞きました。M牧師は「灰皿はありませんが」と言いながら、お皿を出してくださいました。そして僕はタバコを吸いました。「洗礼を受ける気持ちはありませんか」と問われ、僕は「罪がどういうことか分かりません」と答え、「それならまだ洗礼は早いですね」と言われてその場はお開きとなりました。後に東久留米教会の礼拝に出るようになりますが、礼拝が終わって教会の玄関から出てタバコで一服していたら、牧師夫人が出てきて、「こんなところで喫煙してはダメよ」とたしなめられたことも覚えています。

 

 私を礼拝に誘ってくださる方がおられたので、教会に行くようになりました。友人、知人を教会の礼拝に誘うことは伝道の第一歩だと思います。