holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

聖書研究祈祷会での分かち合い

 水曜日の夜、私は奈良高畑教会の聖書研究祈祷会に出席しています。今詩編を順々に読んでいます。昨日は教会員が亡くなった関係で、いつも通りの祈祷会ではなく、その教会員の愛唱聖句が取り上げられました。その聖句はペトロの手紙一1章8節です。

あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています。

 私はこの会が聖書の言葉をめぐっての分かち合いが盛んになることを願っています。司会する牧師も「皆さんの感想や疑問など分かち合ってください」と促します。いつもは他の参加者が話し終えた後、話しをするようにしていますが、今回は聖句が聖句なので、私が最初に話をしました。

 「この聖句はすごい聖句だと思います。『言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちています』。私が課題としている聖句です。このように語ることができることを願っています。私も信仰者として喜びを与えられていますが、私は自分の喜びを言葉で言い表すことができます。言い尽くせてしまう喜びです(^_^;)。私はイエス・キリストによって救われ、神の子として神さまのご支配の中を生きることができるので、何があっても、何が起きても、心の底にはいつも喜びがあります。平安があります。海の表面が台風なので荒れ狂ったとしても、海の底は静かであるように、私の心の底にはいつも喜び・平安があります。これは静かな喜びです。でも心に満ちていると表現することはできませんし、言い尽くせないすばらしい喜びということもできません。この聖句は、私にとっては課題です」。

 と話ししました。

 それから「キリストを愛する」ことも話題となりました。それでこれについても話しました。

「昔、神を愛するってどういうことか分からず考えたことがあります。愛するといっても、神さまに対して恋愛感情を持つことはできませんし、悩んでいた時、聖書に答えを見つけました。ヨハネの手紙一にはこう書かれています。『神を愛するとは、神の掟を守ることです』(ヨハネ一5:3)。イエス様はこうおっしゃっています。『わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る』(ヨハネ14:23)。問題は、愛するとなぜ守ることになるのか、です」。

 愛するとなぜ守るのか、私には答えがありますが、これは話しませんでした。一緒に考えることができたらいいなと思ったからです。