holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

私にとっての主イエス(6)死においても

この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。(ヘブライ人への手紙4章15節)

 主イエスは、十字架の上で亡くなりました。人としての生涯を終えました。復活を見据えながら死なれました。そして人々を罪から救うという神さまのご計画に自らをささげて死なれました。

 私が自分の死を受容する理由の一つは、主イエスが死なれたから、私も自分の死を喜んで受け入れるという理解です。主に倣うことを心がけている者として、死もまた主に倣うと考えることができます。

 主イエスが先に、死という試練を経験されたので、私も安心して死んでいけるとの思いが、死の受容につながると思っています。私も主のように、その時が来たら、復活を見据えて死んでいきます。

 その時が来て仕方なく死ぬのではありません。主に倣い、死んでいくのです。

主に倣い 復活見据え 死に向かう
その日が来ても 恐れはあらじ

 父の葬儀でお世話になった方ががんで入院され、見舞ったことがあります。その方はクリスチャンでした。思い切って、今どんな気持ちですか、と訪ねた時、

「治るのもよし、常世の国に目覚めるのもよし」

と言われたことが忘れられません。「輝く とこ世のあした わがたま目覚むる時 この世の朝よりきよく 仰ぎ見ん 神のみかお」(讃美歌30)

 

f:id:holala:20190914200341j:plain

散歩道にて