クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

人生でつらかったこと(2)学生時代

 大学生の時、学園紛争と呼ばれる事態に巻き込まれました。私たちは学園闘争と呼んでいました。私は大学当局と対立する側に身を置きました。私たちが出入りする建物は学生が占拠し、授業は行われず、討論をする日々が続きました。自分には事態に対する明確な信念も意見もありませんでしたが、どの立場に自分は納得できるかという判断で自分の立場を決めました。やがて学内に警察力、機動隊が導入され、学内は一挙に正常化に向かいました。つまり授業が再会され、何事もなかったかのような日常に戻っていったのでした。

 これに抗議する仲間の級友たちは留年を覚悟で授業をボイコットしました。一般学生と呼ばれる人たちは授業に参加し、卒業を目指しました。

 そんな中で私は自分の身の置き場所に悩みました。家庭の事情で留年することはできず、さりとて授業に参加するというのは、仲間と袂を分かつような気がして、どうしたらいいのか迷い、悩み続けました。辛い日々が続きました。確かな信念があれば、留年を選ぶこともできましたが、そこまでの信念はありませんでした。結局授業に出席し、卒業することを選びました。

 確固たる信念を持つ人間になりたいと心底思いました。そして今信仰者となり、神の言葉に立って生きる者となりました。人生に無駄なことはありません。

 その頃はやっていた歌に「圭子の夢は夜ひらく」があり、歌詞の「私の人生暗かった」に共感を覚えました。忘れられない歌です。藤圭子さんの歌。彼女は歌手、宇多田ヒカルさんの母ですね。

赤く咲くのは けしの花
白く咲くのは 百合の花
どう咲きゃいいのさ この私
夢は夜ひらく

十五、十六、十七と
私の人生暗かった
過去はどんなに暗くとも
夢は夜ひらく

  級友の一人の言葉が心に残っています。「僕は永遠に生きるつもりでいる」。若さゆえの言葉だと思います。私にとっては思い浮かびもしない言葉でした。自分が死ぬ存在であるとの思いが全くないのです。同じ人でも考え方はずいぶん違うものだと思いました。忘れられないです。

 

f:id:holala:20200211203053j:plain

鬼瓦 散歩道にて