クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

私の終活

 私の終活は、ひと言で言えば、死を越える希望をたしかにすることです。聖書が教える終末の事柄を信じて平安な気持ちで最後を迎えることです。亡くなる時、病気のゆえに痛みがあるのかないのか、苦しむのかどうか、今は気にしません。先のことはその時になって考えればいいので、思い煩うことはしないことにしています。

 聖書が告げる死を越える希望をいかにたしかにするかを課題とします。終末の到来、最後の審判の教えは、現代人には絵空事に思えます。私は信仰者なので信じています。若い時は死は将来のことなので死を越えることはあまり考えません。今、本気で取り組もうとしています。最初に考えるのは「滅び」です。滅びとは何か、です。

 ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 

  この有名な聖句から判断すると、滅びないで永遠の命を得ることが救いです。 

コリント一 1:18
十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。 

  キリストによる救いを受け入れない人は滅んでいく者とされます。滅びとは何か、です。滅びとは、神さまに見捨てられることではないか、と考えています。幼い頃からずっと私は死の恐れを感じてきました。自分が死んで自分の存在が消え、世界から見捨てられると考えて恐ろしさを覚えました。信仰を得て、死が恐ろしいのは、神に見捨てられることであると考えるようになりました。

 神さまが信仰者を励ます時、共通した言い方をしています。最初は家出をしたヤコブに対する神さまの言葉です。創世記28章です。

28:15 見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。

  神さまはモーセの後継者となるヨシュアに対して、こう励ましました。 

ヨシュア記 1:5~6
一生の間、あなたの行く手に立ちはだかる者はないであろう。わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ。 

  預言者エレミヤは、不信仰なイスラエルの民を神は見捨てると語りました。

 エレミヤ 6:8

エルサレムよ、懲らしめを受け入れよ。さもないと、わたしはお前を見捨て/荒れ果てて人の住まない地とする。 

  そして十字架上でのイエス様の叫びの言葉。

 マタイ 27:46

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」 

  このイエス様の言葉は、神に見捨てられることがどれほど絶望的なことかを物語っています。しかし私はイエス・キリストを信じ、永遠の命を与えられて今を生き、終末が到来した時には、最後の審判を経て神の国に迎えられると信じます。

 聖書を読んでわかることは、神さまの方から人間を見捨てることはありません。人間の方から神さまを見捨てていることです。イスラエルの人たちは、モーセの十戒にもかかわらず、偶像礼拝をしました。偶像礼拝、それはイスラエルの民をエジプトから救い出した神を見捨てることに他なりません。

 もし私たちが神さまのみ心に無関心になったら、私たちは神を見捨てることになるのではないかと考えます。それゆえ聖書を読み、神さまの御心を知ることに努力しています。私の終活のひとつです。

 

f:id:holala:20210420210417j:plain

キュウリグサ 散歩道

 

 

 

聖書が告げる救い

 聖書が告げる救いには三つの面があるように思います。過去、現在、未来です。

 まず過去。私たちが過去に犯した罪に対する救いです。これは罪の赦しとして与えられます。私たちは自分が犯した罪を覚えています。その罪が誰かに知られることを恐れます。思い出すのもいやです。そこで自分の心にその罪を封印し、思い出さないようにします。あるいは封印することができず、何かあると自分の罪を思いだし、苦しみ続けることもあります。自分を責めたり、後悔したり。とてもつらいことです。でもどうしていいか分かりません。

 しかし、イエス・キリストによる救いがあります。罪の赦しです。その結果、私たちは神との間に平和を与えられ、心に平安が宿ります。これが過去の救いです。

ローマ
5:1 このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、 

  次は未来における救い。聖書には、終末の時が来て人は皆神の前に裁かれると書かれています。これを最後の審判と言います。イエス様はマタイ福音書25章31節以下でご自身が裁きを行うことを語ります。ある人は「神の国」を受け継ぎ、別な人は「永遠の火」に入るとされます。

ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 

  ここでは「永遠の命を得る」ことと「滅び」が語られています。人は永遠の命を得るか、滅びるか、どちらかであると言われます。この終末における救いが、最終的な救いとなります。

コリント一 1:18
十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です 

  ここには「滅んでいく者」の存在が告げられていますが、これは最後の審判の結果、滅びに入れられる人を指しています。神の国を受け継ぐ、神の国に入れられる、永遠の命を得る、これが救いです。

 そして現在における救いです。コリントの信徒への手紙二の2章には、「救いの道」と「滅びの道」と二つの道のあることが語られています。救いの道を歩む者は終末の時に神の国に迎えられ、滅びの道を歩む者は、終末の時、滅びに入れられます。キリスト者は、この救いの道を歩むことになります。

 そこで教訓となるのがエジプトで奴隷として苦しんでいたイスラエルの人たちです。彼らは奴隷として苦しい生活をしていたので、神さまに助けを求めました。そして神さまは指導者モーセを選び、イスラエルをエジプトから救い出し、乳と蜜の流れる地、肥沃な土地つまり実り豊かな地に連れて行くと約束しました。もちろんそこでは自由に生きることができます。エジプトを出た時に大人だった人で、神が約束された地に入ったのは、実際にはわずかでした。なぜでしょうか。

 イスラエルの民はエジプトから約束の地まで荒野を旅しなければなりませんでした。徒歩の旅です。旅の間に時々、困難な事態が起きます。食べ物がなくなったり、飲み水がなくなったり、知らない人たちから攻められたりと色々な困難が起きます。

 その時、「救いの道」を歩んでいる人は、神に信頼し、神に助けを求めようとしました。しかし「滅びの道」を歩んでいる人は、指導者モーセと神さまに文句を言い、挙げ句の果てにはエジプトにいた方がよかったなどと言います。
 そして約束の地を目の前にした時が最後の試練でした。約束の地には強そうな人たちがいたのです。彼らと戦って土地を奪い取る必要があります。「救いの道」を歩んでいる人は神の約束を頼みとし、神に信頼して前進しようと語ります。しかし「滅びの道」を歩んでいる人はエジプトに帰ろうと言い出します。ここで神さまはついにお怒りになります。

 神さまは大いなる力を発揮してエジプトからイスラエルの民を解放したし、約束の地を目指す旅の中でも困難が起きるつど、奇跡を行ってイスラエルの民を助け導いたのです。それなのに多くのイスラエルの民は約束の地を前にして恐れをなしてエジプトに帰ろうと言い出しました。神さまに信頼することを拒んだのです。神さまは怒り、イスラエルの民を40年、荒野で生活させます。この40年の荒野の生活でイスラエルの民は神さまに信頼することを学ぶのです。神さまに信頼しようとしなかった人たちは皆、荒野で死んでしまいました。

 「救いの道」を歩んでいる人は、神さまが共にいてくださり、困難が起きても神さまが助けてくださるのを経験しましたから、喜びをもって希望をもって荒野を旅しました。「滅びの道」を歩んでいる人は、いつ困難が起きるだろうかと、必ず神が助けてくれるという保証はないしと思い、不安や思い煩いを抱いていました。

 私たちはイエス・キリストを信じ、神の国に入ることができるとの約束を与えられ、この世という荒野を旅しています。私たちはどのようにこの世という荒野を生きていくのか、私たちの課題です。

 

f:id:holala:20210419201044j:plain

はなみずき 散歩道

 

良い習慣を身につけて

 昨年9月の健康診断で一つだけ数値が悪かったのです。LDLコレステロールの値が高かったのです。悪玉コレステロールの数値です。それでネットで調べて運動が良いということで歩くことにしました。血圧を下げるためによいと健康番組で教えられたインターバル速歩というものを取り入れました。3分普通の早さで歩き、その後3分早足で歩き、これを繰り返します。一日30分、週4回行えばよいとのことで、始めました。

 習慣にするためにはある程度続ける努力が必要ですが、ある期間が過ぎると習慣になることが分かりました。3週間ほど過ぎた頃には歩くのが当たり前となりました。3月に健康診断を行い、先日結果を聞きました。数値は基準範囲に収まり、運動の効果があったのでうれしく感じました。ところが別な項目の数値が基準値オーバーで、健康管理は続けなさいとの神さまのメッセージでしょうか。

 牧師を引退してからは妻の家事負担を減らすために朝食は毎日私が作るようにしました。メニューは毎日同じです。そして週2回は、スパイスを使ったカレーを作ることもほぼ習慣化しました。基本的に午前中は聖書を読み祈ることをしています。

 昨年11月の目の手術をきっかけに毎晩、妻と一緒に讃美歌を歌い聖書を1章読み、祈ることを始めました。時に祈ることだけにすることもありますが、これもほぼ習慣となりました。一緒に続けていると、結婚して40年以上、信仰生活を共にしてきたのだなと感謝の思いに導かれます。

 こうしてみると日々の生活が習慣で成り立っていることが分かります。落ち着いた生活ができているようで感謝です。

 今日、奈良市からワクチン接種のクーポン券が届きました。

f:id:holala:20210416215540j:plain

ツタバウンラン 散歩道

 

イエス様の権威

 マタイ福音書の26~27章を読みながら受難節を過ごし、イースタを終わって28章を読みました。28章の最後、イエス様が弟子たちにすべての人をわたしの弟子としなさいと命じられた場面は何度も読んできましたが、今回は身が引き締まるような思いで読みました。

 それは

「わたしは天と地の一切の権能を授かっている」

とのイエス様の言葉です。イエス様は御自分がどういう方かを語りました。主イエスは天と地の一切の権能を授かっている方なのです。問題はこれが何を意味しているか、です。

 牧師として働いている時は、イエス様の命令の方に目が向いていました。伝道し、信仰者をイエス様の教えに従うように育てることに力を注いできました。「天と地の一切の権能を授かっている」ことについてはイエス様は神なのだから、当たり前と読み過ごしてきました。そのことにあらためて気づきました。

 天と地の一切の権能を授かっている、これはすごいことです。イエス様を救い主と信じることと一切の権能を持つ方と受けとめることは異なります。イエス様を救い主と信じていても一切の権能を持つ方と認めるとは限りません。「権能」と訳された言葉は、「権威」とも訳されています(口語訳聖書)。

 イエス様を天と地の一切の権能を持つ方と認めるとは、要するに、全く無条件にこの方の言葉にお従いするということです。しかも従うことは当然と考えてお従いすることです。さらには喜んでお従いすることです。自ら進んでお従いすることです。それが最善と考えてお従いすることです。

 アダムとエバは、「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」と語られた神さまの権威を認めませんでした。神さまの命令をいとも簡単に捨ててしまいました。神さまでさえも自分たちの上に立つことを嫌ったのです。そして神さまの言葉に従うことを拒んだのです。対照的にイエス様は、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで父なる神に従順に歩まれました。つまりイエス様は父なる神の権威、権能に従っておられたのです。

 イエス様をどのようなお方と考えるのか、信じるのか。イエス様が父なる神さまにまったき従順を尽くしたように、私もイエス様にまったき従順を尽くしたいと思いました。今回イエス様の言葉を思いめぐらして、イエス様の言葉を無条件に本気で信じようと思いました。今回、特に、終末の事柄、そしてイエス様を信じない者の滅びを。そして本気で信じることから生まれる言葉を語りたいと。

f:id:holala:20210415202158j:plain

春爛漫 散歩道にて



 

 

 

聖なる者とは

「A長老、こんにちわ」
「やあCさん、こんにちわ」
「先日はお話しをありがとうございました。あれから新約聖書の手紙の出だしの部分を読んでみました」
「どうでしたか」
「驚きました。宛先の教会の信仰者に対して、パウロは聖なる者と呼んでいますね。ローマの信徒への手紙、コリント一、コリント二、エフェソ、フィリピ、コロサイの信徒への手紙ではみな、受取人が聖なる者と書かれていました。驚きましたわ」
「そうなんですよ。教会の指導者たちのことを聖なる者と呼んでいるわけではなく、すべての信仰者を指してそう言っているんですよね」
「本当に手紙が書かれた教会の信仰者は自分が聖なる者と思っていたのでしょうか。私たちと同じ人間だし、聖なる者だなんて、とんでもないと思っていたのではないかしら」
「そこで一番大事なのは、聖なる者ってどういう人のことをいうのかです。それを聖書から知る必要があります。自分で聖なる者のイメージを作り、自分は聖なる者ではないと言っても何も始まりませんから」
「それはそうですね。では聖書はどう言っているのでしょうか」
「Cさんは旧約聖書のレビ記を読んだことがありますか」
「読んだことはあります。細かい規則というか命令が書いてあって途中で投げ出してしまったことを覚えていますわ」
「そうですね。面白くないですよね。でもそのレビ記に『聖なる者となりなさい』という教えが7回ほど出てきます」
「神さまの教えを守って聖なる者になりなさいということなのでしょうか」
「いやちょっと違うんです。神さまはこうおっしゃるんです。『わたしはあなたたちをわたしのものとするため諸国の民から区別したのである』。だから聖なる者になりなさい、というのです」
「よくわかりませんわ」
「たとえで話します。少し昔の時代、ある女性が結婚したとします。とある旧家に嫁ぎました。すると言われるのです。『うちの嫁らしく振る舞いなさい』。これと同じなんです」
「どういうことでしょうか」
「イスラエルの民は神の民、つまり神のものとなった民なのです。だから神の民らしく振る舞いなさい、というのです。そこには、自分たちは神の民であるという自覚が前提としてあるんです」
「なるほど」
「レビ記には確かに細々とした規則が書かれています。イスラエル以外の民は、レビ記に書かれている細々とした規則は知らないし、守りません。イスラエルの民がそれを守ることによって、自分は神の民であることを明らかにするわけですね。ですからただ神さまが定めた規則を守るのではなく、それを守ることによって自分が誰かを明らかにするわけです」
「それで」
「自分は神のもの、神に属する者であることを明らかにする人を聖なる者と言うんです」
「はあ~、そうなのですか」
「民数記にはこう書かれています。『あなたたちは、わたしのすべての命令を思い起こして守り、あなたたちの神に属する聖なる者となりなさい』」
「神のものになるとか、神に属する者って、あまりいい感じがしませんわ。夫がお前は俺のものだなんて言ったら、私は夫を蹴飛ばしたくなります」。
「まあまあ落ち着いて。神さまが私たちを神さまのもの、と言う時、私たちは神さまの所有物になるのではありません。神さまは私たちの自由を最大限重んじる方です。神さまは、あなたはわたしのものと言うことによって、私たちを大切な存在とし、私たちを愛してくださることを確約しておられるのです」。
「そういうことですか」
「神さまは、イスラエルのことを神の民、わたしのものと言われますが、イスラエルのことを『宝の民』と呼んでもいるんです」
「宝の民ですか。それはいいですね」
「神さまは、神のものとなった者たちと関わりをもって生きていきたいのです。私はあなたの神となると約束されます。だからイスラエルの民も、わたしはあなたの民となりますと約束します。ここに神と民との間に契約が成立します。『わたしはあなたの民となります』と語る人、その人が聖なる者なのです。聖なる者を目指してイスラエルの民は生きるのです」
「私たちはイスラエルの民ではありませんわ」
「使徒パウロは、キリスト者のことを神のイスラエルと呼んでいます。私たちはイエス・キリストを信じる者です。キリスト者はキリストに属する者、キリストのもの、神のものなのです」
「要するに、聖なる者ってどういうことなんですか。分かりやすく言っていただけるとうれしのですが」
「聖なる者とされた人は、私はキリスト者として生きていきますと自分の生き方を鮮明にして生きて行きます。言い換えると世間の人と生き方を同じくしないのです」
「そうなんですか。そこには何かメリット(益、利益)があるんですか」
「メリットですか。ははははは。これはまいった。今日はここまでにしましょう」

 

f:id:holala:20210414190812j:plain

若草山の山頂で

 

受難節で思いめぐらしたこと(二)

 イエス様の受難の場面を思いめぐらした二つ目のことです。何のためにイエス様は十字架で死なれたのか、それを別の視点から思いめぐらしました。神の計画という視点です。

 イエス様の十字架の死は神さまの計画でした。イエス様はそれを知り十字架の死まで神さまに従順に歩まれました。この神さまの計画は、神さまが世界を造られる時に、すでに計画されていたものと私は信じています。もちろん聖書が根拠です。たとえばエフェソの信徒への手紙にこう書かれています。

エフェソ 1:4~6
天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。

 この聖句をキリストの十字架と無関係に読むことはできないと思います。神さまは私たちを「聖なる者、汚れのない者にしよう」、「神の子にしよう」と計画しました。また私たちが「神が与えてくださった輝かしい恵みをわたしたちがたたえる」ことを計画しました。この計画は、キリストの十字架なしには実現しないし、キリストの十字架により、実現すると考えることができます。

 パウロはこう語ります。

ローマ 3:10~12
正しい者はいない。一人もいない。
悟る者もなく、神を探し求める者もいない。
皆迷い、だれもかれも役に立たない者となった。
善を行う者はいない。ただの一人もいない。

 こんな状態の人間が、どうしたら聖なる者、汚れのない者、神の子になるのかと思わされます。またこんな状態の人間は、聖なる者、汚れのない者になろうなどとは考えもしません。しかし自分の罪を知り、キリストを救い主と信じる人たちがいます。このような者たちを聖なる者にしよう、汚れのない者、神の子にしようとの神さまのご計画があると聖書に書かれています。キリストの十字架のおかげで、私たちは聖なる者、汚れのない者、神の子にされます。これは神さまの輝かしい恵みといわれます。この恵みを私たちがたたえるのが、神さまの計画だというのです。

 この神さまの計画をもっと多くの人に知って欲しい、これは今の私の願いです。エフェソの信徒への手紙には、さらに神の計画が語られています。

エフェソ 1:8~10
神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて、秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました。これは、前もってキリストにおいてお決めになった神の御心によるものです。こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです。 

  ここには壮大な、神の計画が示されています。これが神の国ということです。気が遠くなります。聖書ってすごいなと思わされます。

 

f:id:holala:20210413195859j:plain

(ニホン)タンポポ 明日香村



キリストの復活を信じる

 今日、マタイ福音書28章でイエス様の復活記事を読み、思いめぐらしました。墓に来た二人の女性に対して、天使が告げます。

「あの方は死者の中から復活された」

 イエス様が自ら復活したのではなく、神が墓の中からイエス様を復活させました。イエス様は復活させられたのです。死者の中からの復活ということは、歴史上、イエス様だけに起きたことであり、イエス様以外に復活した人はいません。ですから「あの方は死者の中から復活された」というメッセージは、衝撃的です。

 科学がいくら発達したとしても死者を復活させることはできないと思います。死者を復活させることができるのは神だけです。そしてそれは神の大いなる力が働いた結果といえます。

 私は洗礼を受ける時、キリストの復活は信じていました。神が全能の神であるなら、キリストの復活を信じない方がおかしいと思い信じたのです。でもこれは理屈をこねただけの話しです。でも今は聖書を思いめぐらしながらキリストの復活信仰を深めたいと思っています。思いめぐらす手がかりは聖書にあります。

エフェソ 1:19~20
また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ、天において御自分の右の座に着かせ、・・・

  エフェソ書には、キリストを死者の中から復活させた神の力は、「絶大な働きをなさる神の力」とあります。神は大いなる力を働かせてキリストを死者の中から復活させたのです。キリストが復活させられたのは、神の大いなる力の働きによるのでした。

 パウロは「わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように」と祈ります。キリストを死者の中から復活させた神の大いなる力は、私たち信仰者に対して絶大な働きをするとパウロは語ります。神はその絶大な力を用いて、キリストを死者の中から復活させることができたし、さらに私たちに対しても絶大な働きをすることを悟るようにとパウロは祈るのです。

 もしキリストの復活を信じるなら、キリストを死者の中から復活させた神の大いなる力が、私たちに対しても働くことを信じることを意味します。キリストの復活を信じるなら、神が私たちに対して絶大な働きをすることを信じることになります。とすれば、神は私たちに対して、どのような絶大な働きをされるのでしょうか。

 エフェソ書を読んでみるとこんなことが書かれています。

エフェソ 3:7~9
神は、その力を働かせてわたしに恵みを賜り、この福音に仕える者としてくださいました。この恵みは、聖なる者たちすべての中で最もつまらない者であるわたしに与えられました。わたしは、この恵みにより、キリストの計り知れない富について、異邦人に福音を告げ知らせており、すべてのものをお造りになった神の内に世の初めから隠されていた秘められた計画が、どのように実現されるのかを、すべての人々に説き明かしています。

 神さまは絶大な力をパウロに対して働かせ、パウロを福音に仕える者にしました。そればかりでなく、「すべてのものをお造りになった神の内に世の初めから隠されていた秘められた計画が、どのように実現されるのかを、すべての人々に説き明かしています」とあります。これは神の働きがなければできないことです。

 パウロは、世の初めから隠されていた秘められた計画をこのエフェソ書に書いています。その計画を信じることができれば、それは、信じることができるように神さまの力が私に働いたということになるのかもしれません。うれしいですね。

 パウロはまた書いています。

エフェソ 3:16~17
どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ、あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように。

 ここには、信仰者に対して絶大な働きをする神の力は、私たちの内なる人を強めるとあります。その結果、キリストが私たちの心に住んで下さり、私たちが愛に根ざし、愛にしっかり立つ者となるとあります。キリストの復活を信じるとは、神が私たちの内なる人を強め、私たちが愛に根ざし、愛に立つ人となることを信じるということになります。

 キリストの復活を信じることの深みを聖書は語っています。すごいですね、聖書は。

 

f:id:holala:20210412204430j:plain

沢山咲いているスミレ。うれしい! 明日香村