クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

礼拝と活動の自粛

 新型コロナウィルスの感染を防ぐために、集会の自粛が求められる昨今です。日曜の礼拝をどうするか、大きな問題です。韓国では新興宗教団体の礼拝がクラスタ(集団感染)を引き起こしました。「安息日を覚え、これを聖としなさい」との戒めから、私たちは日曜日に礼拝を献げています。しかし礼拝が集団感染の原因となることは何としても避けなければなりません。

 密閉空間を作らないために、窓を開け、ドア・玄関を開け、空気の流れを作る工夫がなされます。人と人の間隔をあけるために、間隔をあけて座るように心がけます。たくさんの口から言葉をたくさん出さないために、礼拝の中で歌う讃美歌の曲数を減らしたり、オルガンがメロディーを弾くのを聞くことで賛美に代えるなどの工夫もなされます。私が出席している教会では以上のことが行われています。

 そもそも私たちはなぜ礼拝を献げるのか、基本に立ち帰ることが求められます。教会は二千年もの歴史の中で、礼拝を守ってきました。活動の自粛、外出の自粛が求められる中で、私たちはどうしたらいいのかと考えます。

 礼拝出席は信仰者の義務であるという考えを私はとりません。義務とすると出席することが大切にされ、出席したからそれでいいとの思いから、信仰生活が形式化していきます。義務とすればそれは神が課す義務となります。神が課す義務は最優先にされます。国家が緊急事態宣言をし、外出禁止を命じたら、どうするかです。神の命令と国家の命令、どちらを優先するのか。答えに窮します。礼拝は自主的に参加するものと私は考えます。

 礼拝の本質は、神との交わりにあると考えます。私たちは礼拝において、心を神に向け、賛美し、祈り、神の語りかけに聞きます。神との交わりは日曜の礼拝だけでなく、日々の生活の中で個人的に持つことができます。日曜の礼拝の特徴は、神を信じる者たちの共同の礼拝にあります。教会が行う礼拝であり、信仰者たちが共に集い神との交わりを持つところに日曜礼拝の本質、特徴があると思います。

 礼拝を中止することはありえると私は考えます。礼拝のために集うことは中止することがあったとしても、神との交わりを持つことを捨ててはいけないと思います。最低限自宅で聖書を読み、讃美歌を歌い、祈りをするように信徒を導くことは必要だと思います。説教をする予定の聖書箇所、説教後の讃美歌などを伝え、時間を指定し、場所は離れていても、同じ時間、共に神に心を向けることをしたいと考えます。礼拝はプログラムに従って事を行えばよいものではなく、神との交わりであることをこの際、深く心に留めたいと思います。

 もし私が現役の牧師だったら、以上のことを長老会で発言し、長老たちの意見を聞いて最終的な判断をしようと考えました。

f:id:holala:20200326214601j:plain

近所の公園で

 

聖書が語る救いについて(7)死後の救い

  聖書は、死後の救いについて語ります。これが最終的な救いです。

 人は死んだらどうなるのか、確かなことは分かりません。死んだ人は地上からいなくなる、それは確かです。その人がどうなったのか、地上にいる人には分かりません。そして多くの人が、死後どうなるのか、その答えを求めています。そして宗教と呼ばれるものは、死後の救いについて語ります。極楽、浄土、天国、天の故郷、神の国など人が死んだ後に住む場所を教えます。死後の希望を抱き、人は平安を得ます。

 私は幼い日に死の恐怖を覚え、この恐れからの救いをひそかに願って生きてきました。答えは簡単には見つかりません。色々あがきましたが結論を言えば、クリスチャンになりました。そして永遠のいのちをいただきました。ようやく平安を与えられ、安心して人生を生きていくことができるようになりました。

 来世、彼岸の世界を考えるとき、私が問題にすることは、確かさ、です。天国というものが、そういうものがあって欲しいという人間の願いから生まれたものではなく、天国が確かにあるという確かさ、それを私は問題にします。確かでないものに身をゆだねることはできません。

 私が聖書に見いだした確かさ、それはイエス・キリストの死者からの復活です。復活は死がすべての終わりではないことを告げます。復活されたイエス・キリストは、天におられる父なる神のもとに行かれました。それゆえ、神のおられるところ、神の国に私たちは迎えられるとの聖書の教えを私は受け入れることができましたし、喜んで受け入れています。

 死者の復活を信じるなんて非常識だと思う人もおられると思います。死んだ人が世界に再び姿を現すなどということは、私たちは経験していないからです。科学的に見ても不合理に見えます。信仰を持つ以前の私はそうでした。理性を捨てなければ信じることはできないとさえ思いました。でも不思議です。神を信じることができたとき、死者を復活させることは全能の神には不可能ではないと考えることができ、何の問題もなく素直にイエス・キリストの復活を信じました。信仰は神の賜物と聖書に書いてありますが、その通りだと思います。

イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる」。(ヨハネ11:26)

 信仰には疑いがつきものです。信じているつもりでも、本当だろうか、とか、そんなことを信じるのか、信じていいのか、といった思いが湧いてきたりします。このような疑いに決着をつけるものがあります。それは、イエス様ご自身を信用するということです。私はイエス様を信用する、だから、イエス様の言葉を確かなこととして信じる、という立場に立ちます。確かさは与えられるだけではなく、その確かさに立って生きるものなのだと思います。疑いが湧いてくるつど、「私はイエス様を信用する」と口にします。

f:id:holala:20200325215044j:plain

近くの公園で

 

 

新型コロナウィルス感染脅威に関連して

 神戸改革派神学校のサイトに『ウイルス禍についての神学的考察』という文章が公開されています。これを書かれたのは、この神学校の校長吉田隆さんです。このサイトのことを教えられ、その文章を読みました。その中でも私はマルチン・ルターの書いた公開書簡『「死の災禍から逃れるべきか」』の紹介に心惹かれました。それを紹介したいと思います。以下は、『ウイルス禍についての神学的考察』からの引用です。 

(1)困難な時こそ神の召しに忠実であれ

 ルターはまず牧師たち聖職者に対して、命の危険にさらされている時こそ、聖職者たちは安易に持ち場を離れるべきではないと戒めます。説教者や牧師など、霊的な奉仕に関わる人々は、死の危険にあっても堅く留まらねばならない。私たちには、キリストからの明白な御命令があるからだ。

「良い羊飼いは羊のために命を捨てるが、雇い人は狼が来るのを見ると逃げる」(ヨハネ 10:11)と。

 人々が死んで行く時に最も必要とするのは、御言葉と礼典によって強め慰め、信仰によって死に打ち勝たせる霊的奉仕だからである。

 牧師だけではありません。行政官などの公務員や医療関係者、主人と召使い、子を持つ両親に至るまで、各々が主から与えられた(他者に仕えるという)召しを全うせねばならないと、ルターは述べます。さらに、身寄りのない子どもたちや知人・友人に至るまで、およそ病の苦しみにある隣人をケアしなければならない。なぜなら、主が

「私が病の時に、あなたは訪ねてくれなかった…」(マタイ 25:41-46)

と仰せになったからである、と。実際、困難な中にある隣人を助けないのは殺人と同じだ(Ⅰヨハネ 3:15)とさえ言います。

 つまり、このような災禍が神から与えられたのは、私たちの罪を罰するのみならず、神への信仰と隣人愛とが試みられるためである。悪魔は、私たちが恐れと不安にさいなまれキリストを忘れるようにと仕向ける。しかし「お前の牙に毒があったとしても、キリストにはさらに大いなる(福音という)薬がある…。悪魔よ、去れ! キリストはここにおられ、ここに主に仕える僕がいる。キリストこそ、崇められますように! アーメン」と、ルターは説教します(“神はわがやぐら”は、この時期に作られたとも言われます)。

(2)不必要なリスクを避けよ

 他方において、ルターは、死の危険や災禍に対してあまりに拙速かつ向う見ずな危険を冒すことの過ちについても述べています。それは神を信頼することではなく、試みることであると。むしろ理性と医学的知見を用いて、次のように考えなさいと諭します。

 私はまず神がお守りくださるようにと祈る。そうして後、私は消毒をし、空気を入れ替え、薬を用意し、それを用いる。行く必要のない場所や人を避けて、自ら感染したり他者に移したりしないようにする。私の不注意で、彼らの死を招かないためである…。しかし、もし隣人が私を必要とするならば、私はどの場所も人も避けることなく、喜んで赴く。

 このように考えることこそ、神を恐れる信仰の在り方であると。ただし、実際の現場においてどのように判断し行動するかは、各自が考えるべきこととしています。

~~~~~~

 以上が引用です。深く教えられます。ルターの時代にはペストが流行し、ヨーロッパの人口のうち、1/3~1/4が亡くなったとされています。

 

 

 

神に栄光を

 昨日は和歌山県のG教会の説教奉仕でした。教会が無牧の2年間、月2回の説教奉仕をしました。教会はこの4月から牧会者を迎えることとなり、私の奉仕は昨日で終わりました。現役の牧師の時は毎週の説教で、説教に追われる感がありました。しかし月2回ですと準備にゆとりがあり、じっくり取り組めました。

 心がけたことは、年配の方に励ましを与えることと、福音を伝えることです。ローマの信徒への手紙3章から8章まで説教できたことは恵みでした。福音とは何か、じっくり取り組むことができました。ロイドジョンズという英国の説教者のロマ書に関する本には深く教えられ感謝でした。

 今私はヨハネ福音書を読み思いめぐらしています。17章はイエス様の祈りが書かれています。その祈りの中で、4節の言葉が心に残りました。

わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました。

 私たちは自分の行いについて謙遜になります。自分の行いが神の栄光を現している、などと口にしません。逆に口にする人に対して、うぬぼれている、と非難の目を向けるかもしれません。あるいは、それはあなたの思い込みでしょ、というかもしれません。

 でもイエス様は、神さまが与えてくださった業を成し遂げて地上であなたの栄光を現しましたと祈られました。イエス様に倣うことを心がける者として、私もそのように祈ってよいのではないかと思いました。2年間神さまの前に誠実に祈りつつ準備をしてきました。ですから「この2年間、あなたの栄光を現してきました」と祈り、感謝し、神さまをたたえてよいのだと思いました。牧師として30数年奉仕することができたことについても、同様の祈りをしていいのだと思いました。

 私たちはいい加減な気持ちで信仰生活を送っているわけではないので、「神さまに栄光を与えることができました」と祈ってもよいのではないでしょうか。人に対して語るのではないので、自慢になりませんし、高慢にもならないと思います。むしろこのように祈れることを神さまの導きと感謝し喜びたいと思います。自分の信仰の歩みを喜ぶ、素敵なことだと思います。

 

f:id:holala:20200323233417j:plain

G教会

 

伝道の秘訣

 昨日、ヨハネ福音書17章を読んでいて驚きました。発見がありました。日頃、伝道をどのようにしたらよいのか、聖書から教えられたいと祈ってきましたが、一つの答えと出会いました。その聖書とは次の通りです。17章20~21節。

 また、彼らのためだけでなく、彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします。父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります。

 世は、神がイエス様をお遣わしになったことを信じるようになるというのです。この箇所の直前の14節にはこうあります。

わたしは彼らに御言葉を伝えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないからです。

 彼らとは弟子たちのことです。イエス様は弟子たちにみ言葉を伝えましたが、世は弟子たちを憎んだのです。とすれば弟子たちの働きによってイエス様を信じるようになった人々を世は憎むことになります。しかし弟子たちの働きによってイエスを信じた人たちが一つとなり、イエス様との交わりを保つなら、世は、イエス様が神から遣わされたことを信じるようになるというのです。

 イエス・キリストに結ばれた信仰者たちが一つとなるなら、この信仰者の群れに近づいた世の人々は、イエス様が神から遣わされたメシアだと信じるようになるというのです。教会が主にあって一つとなるなら、未信者の人が教会に来たらイエス様を信じるようになるとのイエス様のお言葉です。約束です。伝道の秘訣は、主にあって一つである信仰者の交わりにあります。このような交わりの形成が伝道の秘訣だとイエス様ははっきりと私たちに教えています。

 伝道に近道はありません。急がば回れという言葉がありますが、伝道を急ぐなら、主にあって一つである信仰者の交わりの形成に取り組めばいいのです。これは喜ばしき営みです。ひと言で言えば、み言葉を分かち合う信仰者の交わりをつくればいいのです。困難なものではありません。いや、本来教会がなすべき営みです。使徒言行録2章42節。

彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。

 私が最後に牧会した教会で、私はみ言葉を分かち合う交わりの形成に努力しました。信徒の人たちと共に行ってきた御言葉の分かち合いによる一つとなる努力は、イエス様によって祈られていたのです。イエス様に導かれていたのです。小さな実りも与えられました。感謝です。

 

f:id:holala:20200321221535j:plain

春の気分 散歩道にて

 

御言葉を行う

私の好きな言葉があります。聖書にある言葉ではなく、人間の言葉です。誰の言葉かは分かりません。でも真理だと思います。

私たちの思いは行いとなり、行いは習慣となり、習慣はやがて性格、人格となります。

 そこで私は思うのです。聖書を読み、自分の思いを変えます。つまり自分の思いを聖書の言葉に近づけます。聖書の言葉によって生きていこうとします。思いが変われば行動が変わります。行動の変化は習慣の変化をもたらし、やがては人格が変わります。み言葉による人格形成です。

 もし「互いに愛し合いなさい」という聖書の言葉を読んだらあなたはどうしますか。きっと今までのあなたは、これは聖書の教えね、分かったわ、で終わるのではないでしょうか。「互いに愛し合いなさい」。これは命令です。聖書は、言い換えると神さまはあなたに命令しているのです。しかし漠然とした教えです。この教えを身につけて生きればよい、と思うかもしれません。

 でも私は違います。今日、「互いに愛し合いなさい」という聖書の言葉を読んだとしたら、私は誰かを愛することにします。それは妻かもしれません。あるいは今日出会うであろうその人でもいいです。そしてどのように愛するのかを考えます。たとえば「今日は妻に文句を言うのをやめよう」。あの人に出会ったら、こちらから挨拶をしよう。
 あるいは今日は教会の祈祷会に行く。祈祷会では決まって、あの人は長い話をする。すると批判的な思いが湧いてくる。あの人を批判的な目で見てしまう。今日はそれをやめよう。あの人はただおしゃべりが好きというのはなく、話さざるをえない思い、聞いてもらいたいという思いがあるのだろう。その心には何があるのだろうか。話を聞きながら考えてみよう。

 ささやかな行動でいいのです。実行するのです。「私はみ言葉を実践することができた」と喜ぶことができます。これを積み重ねていったら、人はみ言葉によって変えられていきます。み言葉によって考え、行動する人へと変えられ、御言葉に生きる人に成長していきます。聖霊の導きはいつも祈り求めて下さい。み言葉に従う歩みは、聖霊の導きだからです。

「私は罪深い」との思いもどこかに行ってしまうでしょう。


~~~~~~~~~~~
3月8日G教会での礼拝の説教を説教サイトにアップしました。
時間のある時、是非、聞いてもらえるとうれしいです。
こちらをクリック
~~~~~~~~~~~

f:id:holala:20200320221034j:plain

ほのかな香りが漂ってきます うれしい!

 

罪の呪縛(続きの続き)

 私は罪深い信仰者であるとの罪意識。これは罪に縛られた状態です。罪の支配下にある状態です。このような罪意識を持っている人に私は問います。神さまもきっと尋ねたいと思っていると思います。

「あなたは、このような罪意識から解放されたいですか」。

 もし解放されたいと願うなら、あなたが、自分は罪深いとするその「罪」を克服できるように神さまに祈ることが大切です。徹底して祈ってください。自分の力では克服できません。自分の力で克服できるかも知れないという空しい望みは捨てましょう。本気で罪を克服できるように祈るなら、神さまは答えてくださいます。ダビデのように「わたしのうちに清い心を創造してください」と祈りましょう。

詩編121
目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。
わたしの助けは来る/天地を造られた主のもとから。

 「自分は罪深い」と言いつつその状態に甘んじるのか、そこから脱却するのか、道は二つに一つです。

 私は自分は罪深い人間だと思っていますが、私のアイデンティティーは「正しい人間」です。私はイエス・キリストを信じ、神によって義とされているからです。神の目に私は「正しい人間」です。神の目に映る私は「正しい人間・義人」です。私の目に映る私は「罪深い人間」です。神の目に映る私と自分の目に映る私、どちらが私の本当の姿でしょうか。神の目に映る私、それが本当の私です。私は神さまを信じるので、神さまの目に映る私を本当の私と信じます。

 罪を犯したら悔い改め、赦しを求めればよいのです。神さまが赦してくだされば、私は正しい人です。その罪を犯さないように、神さまの助けを祈り求めるのです。罪を一つ一つ神さまに助けていただいて克服していきます。その事を喜べばよいのです。犯した罪を数えるのではなく、神さまに従うことのできたことを数えて喜べばいいのです。

 改革派の教会が重んじているウェストミンスター信仰告白があります。義認についてこう告白しています。

神は、義とされる者たちの罪をゆるしつづけられる。それで彼らは義とされた状態から決して落ちることはできないのであるが、それでも彼らは、自分の罪によって、神の父としての不興をこうむり、彼らが自らへりくだって、自分の罪を告白し、ゆるしを乞い、自分の信仰と悔い改めをもう一度新しくするまでは、神のみ顔の光を取り戻せないこともありうる。

 義とされた状態から決して落ちることがない!

(罪の呪縛・終)

 

f:id:holala:20200319203120j:plain

コスミレ 道路脇のどぶの上に咲いています