クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

人生航路の第二段階(69)キリスト者の死と復活

 人はキリストを信じると告白して洗礼を受けるとキリスト者になります。礼拝に出席し、聖書を読み祈る中で、神の教えに従おうと志します。ある時、神の教えに従えないし、従いたくないという思いに直面します。使徒パウロはこう言います。

ローマ 7:15~17
 わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります。そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。

 律法つまり神の教えに従おうと願いますが実行できないのです。かえって反対のことをしているというのです。それは自分の中に住んでいる罪のせいだというのです。この状態を罪の支配下にある、または罪の奴隷であると言います。どうしたら罪の支配下から自由になることができるのでしょうか。

 まずは、自分が無力であることを認めること、そして神の助けを求めることです。自分の努力で解決できる問題ではありません。キリストの十字架と復活がキリスト者の助けとなります。

ローマ 6:3~4
それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを。わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。

 洗礼を受けた者はキリストに結ばれ、キリストと共に葬られ、キリストの死にあずかるものとなりました。キリストに結ばれたキリスト者は死んだのです。

ローマ 6:6
わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。

 キリストに結ばれたキリスト者が死んだとは、古い自分、罪を犯してしまう自分が死んだということ、罪に支配された体が滅びたということです。これは信仰的な事実であり、信ずべきこととなります。実感できることではありません。私たちのうちに神の出来事が起きたのです。

ローマ 6:8
わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。

 キリスト者はキリストと共に死にましたが、キリストが死者の中から復活したようにキリスト者はキリストと共に生きることになります。キリスト者は新しく生まれ変わりました。神の御心に従うことができるものとして生まれ変わりました。

 洗礼を受けた人はキリストに結ばれます。そして礼拝生活をし、聖書を読み、神の御心に従いたいという思いが心の中に育ちます。キリストの心を持つようになります。神の御心に従いたいとの思いを持ちます。でも従いたくないあるいは従えないという神の戒めに直面します。その時、思い起こします。自分はキリストと共に死にキリストと共に新しく生きるようになり、神の御心に従うことができる者に生まれ変わったことを。

 まずはこのことを信じます。やがて少しずつ実感するようになります。

哲学の道(京都)

 

運転免許更新

 今日、近くの警察書に免許更新の手続きに行ってきました。私はすでに「認知機能検査」「高齢者講習」を済ませた上での更新の手続きです。

 高齢者講習の時、視力検査をしました。右目の視力は0.3以下。両眼の視力は0.7以上。視野検査も行いました。検査結果を見て不安になりました。視野検査はギリギリ不合格の数値。

 家に帰って右目の視力を上げるためにメガネを新しくすることを考えました。でもそれは、更新手続きの時に視力で不合格になったらメガネを新しくすればよいとしました。

 さらにネットで免許取得のために必要な視力について調べました。右目の視力と視野の広さで問題があり、不合格の可能性があります。

 私が住んでいるところは町外れなので、買い物には車が必要です。まだ免許証を返上するわけにはいきません。視力検査大丈夫だろうか、と心が騒ぎます。ダメだったらメガネを新しくすればよいのですが、現在のメガネで検査をパスすれば余計な支出をしなくて済みます。思い煩いが始まりました。その時、思い浮かんだ聖句がこれです。

フィリピ 4:19
わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。

 この聖句を思い出し、神さまは必要を満たしてくださると信じ、さらに合格を妻に祈ってもらいました。

 視力検査の時、案の定、右目の検査が長引きます。「右」「上」「左のように思います」「分かりません」。「下かな」・・・。「視力、合格です」との声が聞こえてきて安堵しました。首の皮一枚つながるという言葉が頭に浮かんできました。

ヤツデの花 散歩道

 

讃美歌404番(山路越えて)

 讃美歌404番(山路越えて)には心惹かれるものがあります。

 作詞者は西村清雄(すがお)(1871-1964)。この歌は明治36年宇和島教会の伝道を応援して、松山に帰る途中、まだ鉄道の開通しない頃だったので、ひとり淋しくわらじがけで法華津、鳥坂峠の道をたどった時、その感興を歌ったもの。旅の歌ですが、人生行路を象徴した歌としてはなお人の心に触れるものをもっていると『讃美歌略解』(日本基督教団出版局)に説明されています。

4番
みちけわしく ゆくてとおし
こころざすかたに いつか着くらん

5番
されども主よ われいのらじ
旅路のおわりの ちかかれとは

 信仰者にとって人生とは神の国を目指す旅です。老いた私は自分の死を意識せざるを得ませんが、それはいつのことかは分かりません。心身共に衰える中、病気、伴侶の介護や死、生き甲斐の喪失、単調な日々を過ごすことは、「みちけわしく」です。このような日々がいつまで続くのか分かりません。「ゆくてとおし」に思えます。朝、憂うつな気分で目覚める時が時々あります。これも「みちけわしく」ではないかと考えます。

 「みちけわしく ゆくてとおし」ですが「旅路のおわりの ちかかれとは」祈らないと歌います。

 使徒パウロは、今すぐに死んで、キリストと共にいることを熱望すると語っていますが(フィリピ1:23)、そのような心境にはなかなか達することができません。

 「みちけわしく」ならばすぐに神の国に迎えられるのがよいと考えるかもしれませんが、旅路の終わりが近いことは祈らないと歌います。自分が死んで親しい人たちと別れてしまうさびしさを思うと「ちかかれとは」祈らない、祈れないという思いに、老いた私は共感します。また慣れ親しんだこの世の生活に心残りがあるのかもしれません。

 老いたキリスト者の気持も複雑です。

哲学の道

 

信仰には奥行きがある

 神学校に通い始めた時、一人の先生が神学生に問いを投げかけました。「人は行いにより救われるのではなく、信仰によって救われると教えられていますね。そこで質問です。信じるというのは人間の行為ではないですか。そうなら、行いによって救われることになりませんか」。

 私は洗礼を受けて一年後に神学校に入学しました。この問いに答えることができるほど聖書の知識がありませんでした。先日、教会で「聖書協会共同訳」に関する講演会があり、講演を聞きながら、神学生の時のことを思い出しました。そして、あの時の問いに対する答えを見つけていたことに気づきました。

 それに対する答えは、信仰には二つの面があるということです。言い換えると信仰は、「信じる」という個人的な決断つまり人間の行為という側面と神からの賜物という側面があるということです。

 私たち信仰者は、自分が信じられる範囲のことを信じており、その範囲を超えることは信じることができないでいるという現実があります。たとえばキリストを信じる人は自分の罪が赦されることは、多くのキリスト者が信じています。ではキリストを信じる人は罪から解放されています。これはどうでしょうか。これはあまり信じられていないと思います。

ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

 よく知られたこの聖句は、独り子を信じる者は永遠の命を得るが、信じなければ滅びることを語っています。独り子を信じない者は皆滅びる、このことを信じているキリスト者も多くはないと思います。

 聖書は真理を語ります。自分が信じることができる真理とまだ信じることができない真理があります。その信じることができない真理を信じることができるようになるとするなら、それは神の賜物ということができます。
 信仰生活とは、信じることができる真理が増えていき、神の賜物を豊かに受けることと考えることができます。信仰には奥行きがあります。

哲学の道(京都)

 

人生航路の第二段階(68)無力さの告白

 罪から解放されるために、罪は敵であることを認識することが大切です。使徒パウロは、私たちが罪を犯さざるを得ないのは、私たちのうちに罪が住んでいるからであると語りました(ローマ 7:17,19)。

 敵がいることを認識しないと、罪を犯すのは自分が罪深いからだと考えます。するとこの考えに縛られて身動き取れなくなります。この縛られた状態から抜け出ることはできません。

 解放のための第一歩は、この敵に対して自分が無力であることを認めることです。自分の力では打ち勝つことができないことを認めることです。しかし人間にはプライドがあるので、自分の無力を認めることは簡単ではありません。

 自分は罪に打ち勝つ努力を怠ってきた、あるいは真剣に打ち勝とうとしなかった。もっと努力をすれば、さらに真剣に取り組めば打ち勝てると考えます。そして失敗してもまだ努力が足りなかったとか、言います。やがて「自分は罪深い者である」というタコ壺に入ってしまいます。そこから出ることはありません。キリスト者といえどもなかなか自分の無力を認めないのです。解放のための第一歩は自分の無力を認めることです。

 エジプトで奴隷状態であったイスラエルの民は、自分たちの力で自分たちを、奴隷の苦しみから解放させることはできませんでした。エジプト王の前に無力であることを彼らは認めました。そして彼らは神に助けを求めて叫んだのです。

 以前牧会していた教会で、アルコール依存症の人たちの自助グループの会合が教会で行われていました。教会は会場を提供していたのです。この教会に赴任して何年か、私はその会合に出席しました。そこで分かったことは、依存症の人は酒をやめようと思えばいつでもやめることができると言い訳をしながら飲み続けているそうです。アルコールに対して自分が無力であることを認めたくないのです。自分の無力を認めないと回復の道が始まりません。その会合では12ステップと呼ばれる文章を参加者が全員で唱和します。

第一ステップ
私たちはアルコールに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。

第二ステップ
自分を越えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった。

 こうして自分を越えた大きな力の助けを求める歩みが始まります。この12ステップは、聖書をもとにしていると思います。

 私は罪からの解放も同じだと考えています。まずは、自分の無力さを認めるところから始まります。次に神に助けを求めます。

讃美歌312
いつくしみ深き 友なるイエスは、
罪とが憂いを とり去りたもう
こころの嘆きを 包まず述べて
などかは下(おろ)さぬ 負える重荷を

ノジギク 春日大社萬葉植物園

 

人生航路の第二段階(67)神の約束の受けとめ方

マルコ 11:22~24
そこで、イエスは言われた。「神を信じなさい。はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる。

 主イエスは教えられました。「祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる」。これは祈りについての教えですが、神の約束にも通じると私は考えます。神の約束は実現すると信じなさい。そうすればその通りになる。

 キリスト者とは神の約束を信じる者です。

ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

 キリスト者は永遠の命を与えられる、それは神の約束です。この約束を信じて、キリスト者は地上の生涯を歩みます。私たちキリスト者が地上で信仰生活をする時、実現する神の約束もあります。

コリント一 10:13
あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。

 試練に遭う時、神さまは逃れる道を備えてくださるとの約束。試練に遭い、神さまが逃れる道を備えてくださったことをキリスト者は経験しているのではないでしょうか。

フィリピ 4:6~8
どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

 思い煩う時、神に求めているものを打ち明ける時、神の平和があなたを守る、これも神の約束です。思い悩みに沈み、どうしていいか分からなくなり神に自分の思いを打ち明けた時に平安が与えられ、新たな思いで立ち上がることができたことも、多くのキリスト者が経験しているのではないでしょうか。

 キリスト者は神の約束を信じ、その実現を待ち望む存在です。途中で不安や疑いが生じるかもしれません。しかし神の約束を信じ続ける、その信仰を神は喜ばれます。旧約聖書に登場するアブラハムは、途中で不安や疑いを抱きましたが、神の約束を信じ続けた人で、彼は信仰の父と呼ばれました。

 キリスト者が罪から解放される、罪の奴隷状態から解放される、これは神の約束です。私たちの罪を赦してくださる慈しみ深い神は、私たちを罪から解放してくださる神です。イエス・キリストの十字架の死と復活、これは罪からの解放を約束しています。

ツタのからまる塀 散歩道

 

 

人生航路の第二段階(66)罪を犯してしまう人間

 旧約聖書に登場するダビデ王。彼は神を信じる敬虔な王でした。名実共に王の地位についたダビデは、ある日、宮殿の屋上から一人の女が水を浴びているのを目に留めました。彼女を宮殿に呼び寄せ、床を共にしました。彼女から子を宿したとの知らせが来るとダビデは策を練ります。戦場にいる彼女の夫を呼び寄せ、家でゆっくりするように命じます。夫のウリヤは、仲間が戦場にいるのに、自分だけ妻と床を共にすることはできないと拒否し、戦場に戻ります。ダビデはウリヤが戦死するように仕向け、戦死させました(サムエル記下11章)。

 ダビデは欲に駆られ人妻と床を共にし、子を宿したと聞くと姦淫の事実がばれないように、彼女の夫を戦死させました。自分を守る保身からの行為です。王という地位にあって高慢になり、欲と保身から、ダビデは姦淫と人殺しの罪を犯しました。

 主イエスの弟子のペトロ。主イエスは弟子たちに「あなたがたは皆、わたしにつまずく」と語りました。主イエスを裏切るだろうと予告したのです。ペトロは、「たとえ、御一緒に死なねばならなくなっても、『あなたのことを知らない』などとは決して申しません」と主イエスに語りました。しかし彼は主イエスのことを知らないと三度裏切ったのです(マルコ福音書14章)。

 自分がイエスの仲間であることがばれ、自分も捕らえられて殺されるかも知れないと瞬間的に考え、恐れと保身から、イエスのことを知らないと裏切ったのです。

 アダムの息子のカインとアベル。カインは土を耕す者となり、アベルは羊を飼う者となりました。二人はそれぞれ実りを神に献げました。神はアベルの献げ物に目を留めましたが、カインの献げ物には目を留めませんでした。カインは激しく怒り、弟のアベルを殺しました。自分を顧みない神に対する怒り、その怒りを弟に向けて殺しました。なぜ弟の献げ物だけを顧みるのか、不平等な神への怒り、また弟に対する嫉妬があったかもしれません(創世記4章)。

 人間は自由意志を与えられています。しかし欲、恐れ、保身、プライド、恨み、怒り、嫉妬、怠慢などのために人間は罪を犯してしまうことがあります。人は罪を犯さないで生きることはできないと聖書は語ります。

 使徒パウロは人間の中に「罪が住んでいる」(ローマ7:17,19)という表現をします。あるいは、人間は体を持っていますが、この体を「罪に支配された体」(ローマ6:6)と表現しています。

 この問題を解決しないと罪の奴隷状態、罪の支配から人は解放されません。

エノキの葉の紅葉 散歩道