クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

物憂い気持ちで目覚めた朝

 朝、物憂い気持ちで目が覚めました。ああ、今日も一日生きなければならないんだ、そんな思いが心を支配していました。以前、妻の母と一緒に暮らしていました。母は100才で亡くなりましたが、その晩年を共に暮らしました。母の姿を見ていて、年をとったら毎朝起きた時、今日も一日生きなければならないんだと思うのかな、と思いました。妻の母はそんな風に考える人ではないのですが、老いた姿を見ているとそんな風に思ったのです。そして自分がその思いを抱いていることに気づきました。

 朝食を終え、コーヒーの用意をしているとき、昨日録画したビデオを見ました。それは『英雄たちの選択』というNHKの番組で鑑真が取り上げられていました。鑑真は8世紀に来日した中国の僧です。

 中国に渡った二人の日本人の僧侶から、是非日本に来て欲しいと懇願されたのがきっかけで渡来したのです。実際には懇願されてから紆余曲折をたどり11年後に渡来は実現しました。それまで中国を出発しても難破したり、漂流したりして日本に来ることはできませんでしたし、ついには失明もしてしまったとのこと。それでもあきらめずに66歳の時に日本に来て76才で亡くなりました。この番組を見ていて胸が熱くなりました。命を賭けても布教しようとする心、志に深い共感を覚えました。

 あらためて老いをどう生きるのか、考えさせられました。福音を伝えること、喜んで死ぬこと、これが自分に与えられた老いを生きる課題であることを確認しました。

 以前知人の牧師が、奈良に行ったときついでに唐招提寺の鑑真和上座像を見に行ったと話してくれました。年老いて命の危険を顧みず、布教のために外国へ行く、その布教熱心な人に会ってみたいとのことでした。それで私も鑑真には関心を持っているのでテレビを録画した次第です。録画しておいてよかったです。

 

 

f:id:holala:20201022214002j:plain

唐招提寺

 

私は律法から解放された(3)

(クリスチャンの成長(66)キリストに結ばれて- 24)

ローマ 7:12
こういうわけで、律法は聖なるものであり、掟も聖であり、正しく そして善いものなのです。

 律法あるいは神の掟は、祝福の手段として、信仰者に与えられました。掟を守ることの中に祝福があります。

 エジプトの地で奴隷であったイスラエルの民が神の助けによりエジプトから解放され、神が与えられる自由に生きることのできる土地に向かう旅を始めます。旅の途上、シナイ山の麓でイスラエルの民は、神と契約を結び、神から律法を与えられます。律法はさまざまな神の掟の集合体です。その中の代表は、十戒です。

 神がイスラエルの民に律法を与えた目的な何だったのでしょうか。イスラエルの民は、神と関わりながら信仰に生き、他のイスラエルの民と共に生きます。律法が与えられることにより、平和で安心して生きていくことができます。十戒の「殺すな」「姦淫するな」「盗むな」「偽証をするな」などは、イスラエルの民が安心して生きていけるために法を神が与えられたことになります。

 どの社会にも法があり人々が安心して生きて行くための法律が細かく定められています。人皆が法律を守って生きていくなら、人々は安心して平和に生きていくことができます。基本的に法というのは人々が平和に安心して生きて行くために定められています。法のもとにある人は法を守ることが必要であり、法を守ることによって、平和と安心という利益を得ることができます。

 律法、神の掟もまたそれを守る人に益をもたらします。神が与えた掟なので、それを守ることにより人は神からの祝福を受けると考えることができます。神は掟を通して、祝福を与える方です。神の掟は祝福をもたらす手段とも言えます。

 他方、法を破れば罰が与えられます。どの法を破ったのかによって罰の重さは異なります。罰の存在は、人々に法を守らせる力となります。聖書にも神の戒めに背いた人に神の怒りが下るという出来事がいくつも書かれています。すると人は罰を恐れ、神の掟を守らなければならないと考えるようになります。そこから神の民にとって、神の掟を守ることは義務だという考えが生じます。そして神の掟は守るべきもの、守らなければならないものという受けとめが生じます。

 このように考えてくると、神の掟は、守る者に祝福をもたらすことが忘れられていきます。神の掟は守るべきもの、神の掟を守ることは信仰者の義務と考えるようになると、ひそかに神の掟に対する反発心が信仰者の心に根づくということが起きるのでないかと危惧します。

 また私たちは子どもの頃、たとえば「お母さんの言うことを聞きなさい。聞けば、おやつをあげるから」などと言われる経験をしています。すると神の教えを守れば、神は何かご褒美をくれるのではないかと考えたりします。神の教えを守ることは祝福を受ける条件になってしまいます。すると神の掟は守らなければならない、守らなければ、祝福を受けられないと考えてしまいます。

 神の戒めは、それを守ることが祝福をもたらすと信じることが大切です。神は祝福を私たちに与えるために掟を与えられたのです。

 新約聖書にも様々な教え、戒めがあります。これらの教え・戒めも、それを守ることに祝福があると理解します。このように教えを受けとめることはとても大切だと思います。

f:id:holala:20201021204956j:plain

サルビア・レウカンサ 馬見丘陵公園にて

 

私は律法から解放された(2)

(クリスチャンの成長(66)キリストに結ばれて- 24)

ローマ 7:4~6
ところで、兄弟たち、あなたがたも、キリストの体に結ばれて、律法に対しては死んだ者となっています。・・・・しかし今は、わたしたちは、自分を縛っていた律法に対して死んだ者となり、律法から解放されています。

 聖書はキリストに結ばれた信仰者、つまりキリスト者は律法から解放されたと告げます。キリスト者はもはや律法の下にはいないのです。キリスト者は律法を守る必要はないし、律法を守らなかったからといって責められることもありません。

 キリストの福音は、私たちが律法からも解放されていると告げます。なぜ律法の解放が福音となるのでしょうか。律法からの解放は何を目指しているのでしょうか。律法からの解放は律法の成就、つまり律法の要求を満たすことを目指しています。

マタ 5:17
わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。

 「神さまの教えは守らなければならない」と言いながら、しかも「私は神さまの教えを守ることができていない」と考え、キリスト者であることを心から喜べていない人がおられます。そのような人に私は次のように言います。

「なぜ神の教えを守らなければならないと考えるのですか。信仰によって救われるのだから、神の教えを守らなければならないと考える必要はないと思いますが。神の教えを守らなくてもいいのです。あなたは律法から解放されているんです」。 

 その人は言います。

「そうでした。私たちは信仰によって救われるのでした。それなら神の戒めを守らなければならないなんて考える必要はありませんね。私は自由なんですね。あゝうれしい!」。

 これを聞くと私は

「イエス・キリストを信じる人、キリスト者が神の戒めを守らないんですか。キリスト者が神の教えに従わないなんて考えられません」。 

 すると  

「じゃあ、やっぱり、神さまの教えを守らなければいけないんですね」。

 私は

「なぜ守らなければならないと考えるのですか。私たちは信仰によって救われているのに」。

 また振り出しに戻ってしまいます。

 多くのキリスト者はイエス・キリストへの信仰によって救われると信じています。そして信仰者なのだから、神さまの教えは守るべきだ、守らなければいけないと考えます。しかし守れない自分を見いだし、キリスト者であることを喜べていないのです。どこか後ろめたさを覚えるのです。そして、こんな私も神さまの憐れみにより赦されている、感謝です、というところで落ち着いてしまいます。

 でも何か変です。信仰者なら、神さまの律法(戒め)を守るのが自然です。守って当然です。そしてキリスト者とされたことを心から喜びます。

 ここで大切なことは、なぜ神の律法に従うのか、なぜ神の教えを守るのか、その動機です。もし救いが目的なら、律法に従う必要はありません。信仰によって救われるのですから。それでは私たちは神の律法、戒めとどう向き合ったらよいのでしょうか。

f:id:holala:20201020211449j:plain

キンモクセイ 良い香りが漂っています。

 

 

私は律法から解放された(1)

(クリスチャンの成長(65)キリストに結ばれて- 23)

ローマ 7:4~6
ところで、兄弟たち、あなたがたも、キリストの体に結ばれて、律法に対しては死んだ者となっています。・・・・しかし今は、わたしたちは、自分を縛っていた律法に対して死んだ者となり、律法から解放されています。

 パウロは、ローマの信徒への手紙6章で、洗礼を受けキリストに結ばれたキリスト者は、罪に対して死に、罪から解放されたと語りました。7章では、キリスト者は律法に対して死に、律法から解放されていますと語ります。

 律法、それは神がイスラエルの民に与えられた戒めの集合です。エジプトでの奴隷状態から解放されたイスラエルの民に神が与えられた戒めの集合を律法を呼びました。律法は本来、神の民が守るべきものとして与えられました。律法、それは神の戒めです。

 キリストに結ばれたキリスト者は律法に対して死んだとあります。死んだ者に対して、律法を守りなさいと言っても、それは意味がありません。死者には守りなさいという声は聞こえません。死んでいるのですから、行動できません。

 また律法を守らなかったからといって、神の怒りが臨むわけでもありません。罪を犯したとき、神の裁きとしてあるいは神の怒りを受けて人が死ぬことがありますが、すでに死んでいる人に裁きを与えることはできません。もう死んでいるのですから。

 律法は死んだ人には「守りなさい」と言うことはできないし、言ったとしても、死者には聞こえませんから、守りなさいという命令は意味がありません。同様に、守らなければ神の裁きが下る、神の怒りが降ると言っても、死者には何の影響も与えることはできません。死んでいる人を裁きによって死に至らしめることはできません。

 キリストに結ばれたキリスト者は律法に対して死にました。言い換えるとキリスト者は、神の戒めを守る義務がありません。死んでいるのですから「守りなさい」という命令は聞こえないからです。また律法を守らないことによる神の裁き、怒りを恐れる必要はありません。もう死んでいるのですから。死んでいる人に死刑に処すと言っても意味がありません。つまり、キリスト者は律法を守らないからといって、神の裁きがくると考える必要はないというのです。キリスト者は律法から解放されているのです。

 そもそもキリストを通して与えられる救いは、どのようにして得られるかというと、律法の行いによって得られるものではありません。律法を行い立派な人に救いが与えられるというものではありません。救いはイエス・キリストを信じることによって与えられます。イエス・キリストを信じれば救いは与えられるのであって、律法を守るとか守らないとか、それは救いとは関係がないのです。

 あなたは律法を守らず罪を犯しているから救われないということもできません。イエス・キリストによる救いは、ただイエス・キリストを信じることによって与えられる救いであり、信じる者は義とされ、罪を責められることはありません。どんなに罪を犯した人でもイエス・キリストを信じる人は救われます。

 キリスト者は律法を守らなければならないと考える必要はないのです。守らないから罰せられると考える必要もないのです。キリスト者は律法から解放されているのです。「~しなければならない」と私たちを縛る律法からキリスト者は自由になったのです。

キリスト者は何と自由なことでしょうか!

 キリスト者でない人たちも案外「~しなければならない」という縛りの中で生きているのではないでしょうか。幸せになるためには、人生で成功するためには、「~しなければならない」と考えます。そして人々は努力しますが、うまく行かなかったり、案外疲れたりして、目標に達しないことはしばしばです。「納得できる人生を送っている人なんかいません」と先日見た映画で主人公が語っていました。

 私もかつて牧師としてその務めを果たすためには、いくつもの「~しなければならない」を抱えて苦しかったことを思い出します。

 

f:id:holala:20201019210734j:plain

馬見丘陵公園にて

 

私は罪から解放された(4)

(クリスチャンの成長(64)キリストに結ばれて- 22)

 私が解放された罪について紹介しました。大きな罪ではなく、ささやかなものかもしれません。それがどんな罪であれ、私たちを支配していると、私たちは閉じ込められた状態になります。その結果、先に進めなくなります。

 その先にあるのは、キリスト者の自由によって生きることです。

ガラテヤ 5:13
兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。

 自由にされたので愛によって互いに仕え合うことができ、そうするようにパウロは勧めています。キリスト者として生きるとは、自由な人間として生きるということです。

ローマ12:1
こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

 自由にされると自分自身を神さまに献(ささ)げることができます。それが喜びとなります。献身とは、自由にされたからできることです。喜んで神に仕え、人に仕えることができるようになります。

 この自由に生きることができる、それが福音だと私は考えます。罪がもたらすさまざまな捕らわれからの自由を与える、それが福音です。罪の赦しだけが福音ではありません。

ヨハネ 8:31~32
わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。

 救いとは自由を得ることです。キリスト者が苦しむ「罪からくる捕らわれ」は、人それぞれだと思います。捕らわれから解放された体験を分かち合うことは、同じ捕らわれの中にいる人の救いにつながります。このような分かち合いが行われる教会は、自由があふれ、元気な教会になり、教会に集まる人が増えていくと私は信じています。

 

f:id:holala:20201016213500j:plain

沢山の人が花を楽しんでいます。

 

私は罪から解放された(3)

(クリスチャンの成長(63)キリストに結ばれて- 21)

 今回考えるのは、人との関わりにおける罪からの解放です。人との関わりにおける罪も、さまざまな罪があります。色々な罪があると思います。そこで今回も私が体験したことを証しとして書くことにします。
 罪からの解放という時、それは同じ罪を繰り返すことからの解放と考えます。ある罪を繰り返すことをしなくなる、それがその罪からの解放となります。その上で大事なことは

  • その罪からの解放を心から願うこと
  • どのように克服するか、聖書から導きを受けること
  • それを実践すること

 私が牧師になってからのことです。人を批判的に見る癖がつきました。牧師は教会の伝道を使命とします。ひとりで伝道はできません。教会員の方たちとの協力が欠かせません。完成された人間はいませんから、だれもが行動において足りない点があります。その点が目につくのです。もちろん自分に足りない点にも気づきます。共にキリストの教会の形成のために仕えています。力を合わせられればと思いますが、必ずしも心ひとつにして力を合わせることができるとは限りません。あの人がこうであれば、この人がかくあればと他者に対して批判の目を向けるのです。

 他者を批判的に見るという発想が身についているのです。心に湧いてくる思いがこれなのです。長老のAさんが教会員のBさんの批判を私に語ることがありました。用事があって彼女と二人だけの時、批判を聞くことが2,3回ありました。それで私はAさんに「Bさんのために祈りましょう」と話しました。それ以来Aさんが私にBさんの批判を語ることはなくなりました。その「祈りましょう」の言葉は、自分への言葉となりました。批判的な思いが湧いてきたら、その人のために祈る、そのことを繰り返す中で、批判的な思いが出てくることは少なくなりました。もし出てきたら祈ります。赦しなさい、思いやりを持ちなさい、寛容になりなさいなどの聖書の言葉が浮かんできます。

 また問題を抱えて教会に相談にくる方がいます。サマリア人のたとえのように、けがをして倒れている人を見過ごしにはできません。だからといって関われば解決するとは限りません。自分が役に立つ働きができないと知るのはつらいです。いつしか、問題をもった人が教会に来て、その人と関わることの恐れが心の片隅に宿りました。精神的な病いを持った人の話を何時間も聞いたことがあります。

 このような経験の繰り返しの中で、「何とかしてあげたい」と思っても、自分にできることには限界があることを認め、限界の中で関わることを学びました。時間的にも経済的にもここまでと割り切ることの必要を学びました。自分の力で何とかしてあげたいとの思いは善意から出たものであっても、傲慢があるのだと思いました。

 自分の力には限界があり、限界を超えることについては神さまにゆだね、励まし祈ることでよいと思うようになりました。傲慢の罪が自分を苦しめていたのです。

マタイ 11:28~30
疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

 色んな経験を積み重ねた末に聖書に書いてあることは本当だとの結論に至りました。今は聖書の言葉によって物事に対処するようになりました。聖書の言葉がある、これが平安の根源です。聖書の言葉が私を解放してくれます。

f:id:holala:20201015165426j:plain

ダリア 私を洗ってください。雪より白くなるように

 

私は罪からの解放された(2)

(クリスチャンの成長(62)キリストに結ばれて- 20)

 罪からの解放という時、それは具体的な罪からの解放を意味すると私は考えます。そして解放は具体的な体験です。

 若いとき、私はタバコの奴隷でした。喫煙をやめることができませんでした。だから自分はタバコの奴隷だと思っていました。神さまの導きと思える出来事がおこり、喫煙をやめることができました。もう奴隷ではない、と思いました。解放は体験されます。

 最初に考えるのは、神との関わりにおける罪からの解放です。色々な罪があると思います。私が体験したことを証しとして書くことにします。思い煩い、劣等感、色々な恐れなどからの解放があります。これらは神なしに自分の力で生きていこうとするところから生まれます。

 物事を自分の力で解決しようと考えると、ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようと頭の中で色々な思いが堂々めぐりします。心配のために心から平安が失われます。この世の知恵は最悪の事態を想定して考えればよいと教えますが、そうも行きません。あれやこれや考えて心配し心は落ち着きません。神さまに信頼せず、自分の力で何とかしようと考える高慢の罪の結果です。

 恐れも思い煩いと似た面があります。恐れの場合は、ああなったら困るとただ一つのことを恐れます。人からどう思われるだろうか、失敗したらどうしようか、この事態に直面するのは怖い、とか人は恐れに捕らわれます。これもまた自分が神さまの愛の御手に中にあり、神さまは導いてくださると信じないで、自分の力で何とかしようとする高慢の罪の結果です。死の恐怖の奴隷。これはイエス・キリストを信じ、永遠の命を与えられることを信じることにより、私たちはこの恐怖から解放されます。

 劣等感は自分を他人と比較し、自分の劣った面が気になり、自分はダメな人間、劣った人間と、自分を卑下してしまい、この思いにとらわれてしまいます。神さまは、私を愛してくださっているから、現実の自分を受け入れることにすればよいのです。自分の劣っている面は、自分の個性と受けとめます。神さまは自分を個性あるものとして造られました。人は誰しも長所と短所があり、それらは個性と考えることができます。欠点のない人間になろうとするのは、これも高慢です。まずはありのままの自分を受け入れればいいのです。自分の劣った点がどうしてもいやなら、欠点を克服する努力をすればよいのです。

 神さまに愛されていることを喜び、神さまに信頼して歩むことを学べば、心はさまざまなとらわれから解放され、それを喜ぶことができます。

 罪から解放された証しが教会の中で分かち合われると、聞いた人たちが励まされ、教会の中に喜びが溢れていくのではないかと思います。

 

f:id:holala:20201014192057j:plain

ダリア 馬見丘陵公園にて