クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

身代わりという考えは妥当か?

 イエス・キリストは十字架の上で、罪に対する神の怒り、罰を受けるべき私たちの代わりに神の怒り、神からの罰を受けられたと聖書は語ります。このことを信じる者は、神の怒りを受けることなく、罰を受けることなく、罪の赦しを得、永遠の命を得ると教えられます。

 ところで私たちは犯罪者の身代わりになって罰を受けることができるでしょうか。彼の身代わりになって刑務所で服役するのです。犯罪者の身代わりになるという考えは適切な考えなのでしょうか。

 私たちの社会では、法を犯す人は罰を受けることになっています。社会の秩序を保つためです。そして法を犯した人が罪の償いをするのが当然と誰もが考えます。そこでもし誰かが自分が身代わりになるといっても許されません。人は自分のしたことに対して責任を持つべきであると人は考えるからです

 もし親が子の身代わりに、子が親の身代わりになることが許されたらどうでしょうか。身代わりに刑に服するのです。それは肉親への愛と呼ぶことができるのでしょうか。私は愛と呼ぶのはいかがなものかと思います。人が人間らしく生きるためには自分の過ちは悔い改めることが必要だと思うからです。そして悔い改めのしるしは罰を受けることだ考えるからです。

 さて、イエス・キリストが私たちの身代わりになって罰を受けたと聖書は語ります。イエス・キリストは罪人を愛し、罪人の身代わりとなって神からの罰を受けて下さいましたと聞いて、人はどう思うのでしょうか。

 これは不健康な教え、不道徳な教えではないか、と多くの人は言うかも知れません。なぜなら人は自分の過ちに対して責任を負うべきである、と考えるからです。もっともです。身代わりの思想は、甘やかすことにつながるのではないか、との批判も出てくると思います。これももっともです。

 身代わりなどとおかしなことは言わないで、「神が愛なら、私は罪を犯しました。許してくださいと人が祈るなら、神は赦してあげればよいではないか」との意見も出てくると思います。分かりやすいですし、それなりに説得力があります。

 そうするとイエス・キリストが私たちのために身代わりになってくださったとする聖書のメッセージはうさんくさいものになってしまうのでしょうか。

ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

 神が独り子を与えたとは、言い換えるとイエス・キリストが十字架に死ぬことは神の計画の中にあったということです。そしてそれは罪を犯す者たちへの身代わりであったということです。そしてここに人間の思いを越えた神の愛があると聖書は語ります。神は人を愛したから、御子を身代わりにされました。

 犯罪を犯した者は自ら罪の償いをすべきであるというのは、もっともなことですが、犯罪を犯した者への愛はありません。社会の秩序を守るための法制度の維持に重点が置かれていると思います。

 世間の理屈からすれば、身代わりに罰を受けるというのはおかしく見えますが、身代わりは神の愛の現れです。そのことを示すにはさらなる言葉が必要となります。

f:id:holala:20211207210424j:plain

冬間近に咲く野菊



 

クリスマスの恵みを考える(4)

 かつて私は自分の愛が薄いことを思い知らされたことがあります。他者のために犠牲を払うことにためらいを覚えるからです。他者のことより自分を優先する思いが自分にあることを自覚したクリスチャンは、自分の愛の薄さを知っていると思います。神の愛が深いと表現した場合、神の愛はどれほど深いのでしょうか。聖書に手がかりを求めます。

ヨハネ 3:16
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

ヨハネ一 3:1
御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。

 この二つの聖句は、神の愛がどれほどのものかを語っています。神さまがこの世を、つまりこの世に生きている人間を愛していること、あるいはイエス・キリストを信じる人が神の子と呼ぶほど愛しておられると書かれています。

 これらの聖句を読んでも神の愛はどれほどのものなのか、よく分かりません。神の愛の深さ、残念ながらそれは私たちには分かりません。

 たとえで考えてみます。私たちは自分の力で海の深さを知ることができるでしょうか。海に入り沖に向かって歩いて行きます。足が海の底についている限り、海の深さは分かります。しかしいったん私たちの背より深いところに行けば、海の深さは私たちの身長より深いことは分かりますが、どれほど深いのかは分かりません。まして沖合に出れば、海の深さを知ることはできません。

 神の愛はどれほどのものなのか、聖書は私たちに想像するように促しているように思います。それは聖書を読み、神の愛を探求することだと思います。この探求にチャレンジしてみたいと思います。

 クリスマスの恵み、それは私たちを愛してくださる神がおられることを知る恵みと表現したいと思います。

 

f:id:holala:20211206220433j:plain

ハキダメギク 



クリスマスの恵みを考える(3)

 私 holala はアリのために命を捨てることは拒否します。アリになることも拒否します。しかしわが主イエスは神であるのに人となりました。なぜ人となられたのでしょうか。その答えは、人間を愛しておられたからです。

 創世記によれば、父なる神は御自分に似せて人間を造られました。11月17日のブログで神が御自分に似せて人を造られたのは人間を愛されたからだと書きました。神は人を創造し、人と関わることを望んだのです。つまり人を愛されたのです。そして人の創造にキリストは関わっておられたのです。

ヨハネ 1:3
万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

 言によって万物は成ったとあります。言により万物、そして人は創造されたというのです。そして言は人となりました。つまりイエス・キリストです。キリストは創造の初め、言として万物の創造に関わったのです。

ヘブル 1:2
また、御子によって世界を創造されました。

 神は御子によって世界を創造されました。人間も創造されたことになります。

コロサイ 1:16
天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支配も権威も、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。

 ここでも万物は御子によって造られたとあり、必然的な結果として人間も造られたことになります。つまり、御子キリストは人間を愛しておられるのです。人間を造り人間を愛しておられるのです。そして御子は人となられました。人を救うために人となりました。人を愛しているから、人となりました。

 私 holala はアリを愛していません。だからアリになることを拒否しました。しかしキリストは私たちを愛しておられるので人となられたのです。

フィリピ 2:6~7
 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。

 キリストが人となられたのは、人を愛しておられたからです。愛という言葉はあいまいな面があるので、ここでは、キリストは人間をとても大切な存在と見てくださっていると考えたいと思います。キリストにとって人間は大切な存在、だから人間になることをためらうこともなかったのです。アリは私にとって大切な存在ではありません。私はアリを愛していません。だから私はアリになる気はありません。

 キリストの目に、あなたも私も大切な存在なのです。神が人となられたということは、神が人間のことを大切な存在と考えておられることを意味しています。あなたも私も神の目に大切な存在なのです。神が大切と考えてくださる理由は、私たちがどんな人間であるとか、どんなことをしたとかは、関係ありません。私たちが人間である故、私たちは神の目に大切で尊い存在なのです。

 クリスマスのメッセージ。イエス・キリストの誕生は、キリストの目に、そして神の目に、あなたも私も大切な存在であることを告げています。あなたのことを大切だ存在と思ってくださる方がおられるのです。父なる神さま、そしてイエス・キリストです。では私たちは神さまにとってどれほど大切な存在なのでしょうか。それは次回。

f:id:holala:20211203204957j:plain

ツワブキ 散歩道にて

 

クリスマスの恵みを考える(2)

 前回たとえを話しました。たとえの中で、父は私にアリになり、アリの世界に行き、アリを救うように話しました。その時、私がアリを救うために死ぬとも父は語りました。

 私 holala は父からそのように言われたらどうするか。もちろん拒否します。アリを救うためにアリになるという。なぜ私がアリを救わなければならないのか。私がアリになって地べたを歩き回るなんて、いやだ。働くだけの生活なんて耐えられない。しかもアリを救うために私が死ななければならない!何で私が命を犠牲にしなければならないのか。全然納得できない。アリの世界を救えば、感謝され、崇められるかも知れない。でもそんなこと holala は望んでいない。

 つまりここで問題なのはプライドです。人間である自分がアリになるなんて、考えられないのです。アリになるなんて自分のプライドが許さないのです。スーパーマンになってこの世界から悪をなくし、この世界を救うというのなら、スーパーマンになってもよいと思います。小さくて、踏まれたら死んでしまい、いつもちょこちょこ歩いているだけのアリ。アリになるなんて惨め。こう考えるのはプライドです。

 もう一つ納得できないことがあります。それは父です。なぜ私にアリになってと命じるのかです。なぜ私なのか。しかも死ぬのです。わが子に死ねと命じているようなものです。何か素晴らしい大義名分のためなら受け入れることができるかもしれません。でもそんな命令を子に与える親なんてどこにいるのでしょうか。子を本当に愛しているのでしょうか。子どもに死ぬことを命じることができる理由なんてあるのでしょうか。父に対する不信感を抱きます。父は全能なのです。もっと他にいい手段を見つけることができるはずではないかと思います。

 しかし、です。イエス・キリストはどうしたのでしょうか。

フィリピ2:6~7
キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。

 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わなかったというのです。自分は神であるというプライドにこだわらなかったのです。かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。

 キリストは holala とは違い、プライドにこだわらず、自分を無にして人間と同じ者、人間になられたのです。

フィリピ 2:8
へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

 しかも死に至るまで、それも十字架の死に至るまで父に従順でした。holala はアリのために死ぬなんて、そんなことできるわけがないと拒否したのに、キリストは十字架の死に至るまで従順でした。信じら~れ~ない!

 でも holala さん、あなたはキリストを信じているんでしょ。信じられないと言っていいの?

f:id:holala:20211202200517j:plain

マンリョウの実

 

クリスマスの恵みを考える(1)

 まもなくクリスマスです。クリスマスは言うまでもなく、救い主、イエス・キリストの誕生をお祝いする祭です。イエス・キリストの誕生について聖書は次のような言い方をしています。

  • 聖霊によって身ごもった(マタイ1:18、ルカ2:35)
  • 言が肉となった(ヨハネ1:14)
  • 神が人となったと(フィリピ2:6~7)

 私は「神が人となる」とはどういうことなのか、考えました。しかし私は、神が人となることがどういうことなのかは理解できません。説明もできません。私は神ではないからです。しかし神が人となるところに何か伝わってくるものがあると考えます。それが何かを探っています。

 一つたとえを考えました。以下、たとえです。

 私の父はアリが好きです。私の家の庭の地下にはアリの世界があると父が言います。ある時父が言うのです。「アリの世界は今大変な危機に陥っている。お前にお願いがある。アリになってアリの世界に行き、アリを助けて欲しい。そして実は言いにくいのだが、アリを助けるために、アリとなったお前は死ななければならないのだ。どうだ、行ってくれるか」。
 父は真剣な顔で私に語りました。それで私は返事をしなければなりません。私は断りました。アリになってアリのために死ぬなんて、受け入れることはできません。どうしてそんなことができるのかと思います。

 以上がたとえです。しかしこのたとえの「私」をイエス・キリストに置き換え、アリを人間に置き換えたらどうなるのでしょうか。神であるイエス・キリストは人間の世界に行き、人間を助けるために人間になり、死なれたことになります。聖書には、そのことが書かれています。たとえに出てくる「私」はアリになること、アリのために死ぬことを拒みました。しかしイエス・キリストは父なる神の言葉に従い、人間の世界に行き、人間のために十字架で亡くなられました。たとえの「私」はなぜアリになることができず、イエス・キリストはなぜ、人になることができたのでしょうか。

 もしあなたがアリの世界に行って欲しいと言われたら、どうしますか。

f:id:holala:20211201205933j:plain

ムラサキシキブの実 散歩道



 

 

物憂い朝

 今朝は物憂い気持ちで目が覚めました。年をとったからだと思います。これまで二人の人から「いつ死んでもいい」という言葉を聞いたことがあります。二人ともクリスチャンです。信仰生活の長い人です。どんな心境でそう言うのかなと思いました。なぜそう思えるのか聞いておけばよかったと思います。でも人の心の中に入るようなことにはためらいを感じてきました。でも今日は分かったような気がしました。気持ちは人それぞれだと思いますが、私にも「いつ死んでもいい」という気持ちがあることに気づきました。

 現役から引退した身としては、仕事はないし、しなければならないことが特にあるわけではありません。追求したい課題はあります。単調な日々が過ぎていくだけです。結局、疲れたのです。長年生きてきたので肉体はやはり疲れ衰えてきました。精神的にも疲れはあると思います。人生にも疲れたのかもしれません。それでいつ死んでもいいという思いに誘われるのだと思います。信仰をもっていますから、神の国に迎えられると信じていますし、この世への未練もそんなにありません。

 それでも朝食を用意し、妻と祈り食事を共にし、食後のコーヒーを楽しみ、聖書を読み始めると物憂い気持ちも消えていきます。でもこのままではまた物憂い朝を迎えるかもしれません。神を信じ、神をたたえて生きる者としては、別な朝の迎え方をしたいと考えます。そこでどうするか、です。起きたときに物憂い気持ちが湧いてくるのを抑えることはできません。いかに気持ちの切り替えをするか、です。それもごまかしの切り替えではなく、健康的な切り替えです。

 今思うアイデアは、ある讃美歌を聞き、その讃美歌の歌詞を心に浸透させることによって気持ちの切り替えができ、一日の歩みの良いスタートがきれるのではないかと期待しています。

f:id:holala:20211130210604j:plain

東大寺境内の道

 

神の約束の実現を思う季節

 昨日の礼拝説教は、マタイ福音書第一章のアブラハムからイエスに至る系図が読まれ、そこから説教がなされました。そしてアドベントに入ったので、マタイ福音書1章からイエス様の誕生に至るまでをディボーションしようと思いました。

 それで今日は系図を思いめぐらしました。今回あらためて気づいたことの一つは、イエス様には生物学的な父親はいないということです。マリアは聖霊によって身ごもったからです。ですからアブラハムからの血のつながりの系図にイエス様の名を書くことはできません。この系図は基本は父親の名前です。そこでイエス様の育て親のヨセフの名が入り、イエス様がヨセフの子として系図に加えられ、系図が完成しました。なるほど


 この系図を見て驚くことがあります。マタイがこの系図を書いたのは、アブラハムの子孫によって地上の諸国民は祝福されるという神さまの約束の実現を示すためであったと思います。この約束の実現としてイエス様はお生まれになりました。

創世記 22:18
地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。

 アブラハムが生きた年代は正確には分かりません。系図に示される14代はおよそ500年と考えてよいのではないかと思います。ダビデは紀元前1000年頃の人だからです。するとアブラハムはおよそ紀元前1500年頃と考えることができます。そうすると1500年前の神の約束が今実現したとマタイは語るわけです。1500年前の約束の実現!驚きませんか。

 アブラハムにしても、神さまからあなたの子孫は大いなるものになると約束を与えられましたが、その約束の実現を彼は見ることはできません。彼は見ることはできませんでしたが、彼の子孫は増え広がり、神の約束は実現しています。あらためて聖書が告げる神の約束は、約束を聞いた人が生きている間に実現するとは限らないことを知ります。でも実現してイエス様は誕生されました。

 そこで思います。終末の時が到来するという神の約束も実現することを。イエス様が再臨し、最後の審判が行われ、神の国が完成するという聖書にある約束も必ず実現すると信じてよい、とあらためて教えられました。おそらく私が生きている間には実現しないと思いますが。

 キリスト教の暦では今はアドベントです。アドベントは「降臨」の意味です。降臨とはイエス様がおいでになることを意味します。クリスマスはイエス様の誕生を祝いますが、アドベントの期間はイエス様の再臨を待ち望むときです。今一度主イエスがおいでになり、神の国が完成するとの神の約束。その実現を待ち望みたいと思いました。

f:id:holala:20211129200834j:plain

奈良公園の紅葉と鹿