クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

神の御心

人生航路の第二段階(75)神を愛するとは

神を愛するってどういうことでしょうか。信仰者の神に対する態度として、神をたたえる、神を崇める、神を畏れ敬うなどの表現があります。

人生航路の第二段階(72)信仰的決断

実行できないと思っている神の教えに従う歩みに踏み出すのです。一歩踏み出すことを語る時に私が用いるたとえがあります。紹介します。

人生航路の第二段階(50)聖霊の助け

聖霊の助けを与えられて神の御心を大切にしていくとき、キリスト者は神の御心に従おうとの意志が強められます。

人生航路の第二段階(40)救われて生きるとは

キリスト者にとって救われて生きるとは、キリスト者として成長することであると私は信じています。

人生航路の第二段階(37)神はなぜ、信仰によって義とするのか(続き)

信仰とは「神さまの約束を信じて生きること、だから神さまは信じる者を義とする、これが私が推理する答えです。

神を探し求める者

ローマ 3:10~11 正しい者はいない。一人もいない。 悟る者もなく、/神を探し求める者もいない。 神を探し求める者とはどんな人なのでしょうか。

神の永遠の聖定(3)キリストのもとに一つ

時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。

神の永遠の聖定(2)人間が造られた目的

神さまは何のために人間を創造されたのでしょうか。創世記にそれを知る手がかりがあります。

神の永遠の聖定(1)人間に対する神のご計画

神さまは目的を持って万物、人間を創造されました。その神さまのご意志を神学的には「永遠の聖定」といいます。

聖書を読む生活(4)神の導きを求める

神さまの導きを求める読み方についてもう少し具体的に紹介します。

キリスト、わが内に生きたもう(4)罪に打ち砕かれるパウロ(1)

パウロにとって、キリスト者となることはキリストに結ばれ、キリストとひとつになることを意味していました。そのことは彼の生き方に現れましたが 彼の内面での出来事でもあったのです。

パウロの思索

神から御子を示されたパウロの思索のあとを辿ります。

神の御心と向き合うパウロ(続き)

パウロの言葉は、パウロが神の御心を知り、御心に生きようとした人であることを感じさせます。

神の御心と向き合うパウロ

神から御子を啓示され、イエス・キリストが救い主と知ったパウロの心境の変化を追います。

わが身を振り返るパウロ

クリスチャンを迫害したのは間違っていた。神の御心に反していた。自分はどこで間違えたのか。

人を赦すということ

赦しなさいとのイエスの教えがあります。いつ、赦すのでしょうか。

クリスマスに思う(11)天上での対話-6

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。第六回目。御子を信じる者の再生が視野に入ります。

クリスマスに思う(10)天上での対話-5

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。第五回目。十字架が視野に入ります

クリスマスに思う(9)天上での対話-4

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。第四回目。

クリスマスに思う(8)天上での対話-3

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。第三回目。

クリスマスに思う(7)天上での対話-2

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。第二回目。

クリスマスに思う(6)天上での対話-1 

天地の造り主なる神は何を考えて世界を創造されたのでしょうか。思いめぐらしました。

クリスマスに思う(4)神が人となった舞台裏

神は人となられたと言われても戸惑います。聖書の言葉をもとに黙想してみました。

神の御心を行う人

神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。私に対する神の御心とは。