クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

終末

人生航路の第三段階(7)最後の審判の基準

人は信仰によって救われるのか、それとも行いによって救われるのか。そのような問いを立てることができます。

人生航路の第三段階(6)最後の審判

最後の審判を思うとき、すぐに心に浮かぶのは「こころを高くあげよう」(讃美歌第二篇1番)という讃美歌にある歌詞です。

人生航路の第三段階(5)キリストの再臨

人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。再臨のキリストは栄光のキリストです。

人生航路の第三段階(4)終末を信じるさらなる理由

聖書は、私たちが神の国に迎えられるとき、主イエスに似た者となることを語っています。

人生航路の第三段階(3)終末を信じる理由

私が終末を信じる根拠の一つは最後の審判です。 主イエスの語った教えがあります。マタイ25章

人生航路の第三段階(2)終末を信じる根拠

終末の到来について信じる理由、根拠を見出したいというのが人間の心情です。私自身が信じる理由として考えていることを紹介します。

人生航路の第三段階(1)終わりを見て生きる

人生行路の第三段階は、終わりを見て生きる、ということです。ここでは、世界の終末と私たちの生きかたを考えます。。

永遠を思う心

年末になると思うことがあります。終わりがあること。自分の人生に、そしてこの世界に。

終末の到来

「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。・・・

主イエスの厳粛な言葉

主イエスは弟子たちに世の終わりが来る前に大きな苦難が訪れると語られました。

世の終わりを覚えて生きる

聖書は世の終わり、終末について語ります。どのようにしたら信じることができるのか、悩みました。

私の終活(1)滅びるということ

聖書が語る救いは「滅び」からの救いです。滅びとは何でしょうか。神さまに見捨てられることと考えます。

聖書が告げる救い

聖書が告げる救いの三つの側面、過去、現在、未来の救いについて考えます。