クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

イエスを信じないことが罪(3)

イエスは御自分を信じないユダヤ人たちに対して、「あなたたちは自分の罪のうちに死ぬ」と告げました。

イエスを信じないことが罪(2)

神の掟を破ることは罪ですが、掟を破るときには神をないがしろにする心があります。

イエスを信じないことが罪

イエスは語ります。「罪とはわたしを信じないこと」。大胆な発言です。

罪を取り除くイエス(4/4)神の小羊

イエスは神の小羊と言われます。こひつじのしでおもいだすのは、エジプトで奴隷だったイスラエルの民が解放される物語です。

罪を取り除くイエス(3)罪からの自由

「罪を取り除く」ことの意味を考えるために、ヨハネの第一の手紙3章を読みます。

罪を取り除くイエス(2)

イエスは罪を取り除く方です。しかもイエスは言います。「もし子(イエス)があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる」。

罪を取り除くイエス

ヨハネ 1:29 その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ」。罪を取り除く、どういう意味でしょうか。

罪に満ちあふれた世界

私は近年、この世界が何と罪に満ちあふれていることかと感じます。あるいは罪がいかに人間を支配しているのかと思い知らされます。

神の御子 なぜ、なに(5)罪の赦し

御子イエスの十字架の死。このしがなければ、人間の救いはありません。御子の死こそが人を救います。

神の御子 なぜ、なに(3)救い主、神の御子

神は世の初め、人間を造られるとき、人間が罪を犯すことをご存じでした。イスラエルの歴史を通して人間の罪が明らかになってから救い主を送るというのが神の計画でした。

わたしは殺された

罪によって私は死んだ、罪は私を欺き、私を殺したとあります。どういうこと?

教会を考える(9)狭い福音理解

福音を狭く理解することが起きていないだろうか。福音とは罪の赦しのことであるという施米理解。

信仰生活の出発点(6)「私」と私の心の区別の実例

「私」と私の心の区別の実例を紹介します。私の心には色々な思いが湧いてきます。それらの思いにどう対処するのか、それが「私」です。

信仰生活の出発点(5)「私」と私の心の区別

人格としての「私」と私の心を区別するとき、罪に打ち勝つ道が開かれると考えます。

信仰生活の出発点(4)罪に支配された体

罪から解放された「私」が罪を犯すのはなぜでしょうか。罪を犯したくないと強く考え、意志する「私」が罪を犯すのはなぜでしょうか。それは私たちが体を持っているです。

信仰生活の出発点(3)私は罪を犯したくない

実質的な信仰生活の出発点は、「自分は罪を犯したくない」との思いをもって生き始めるときだと私は考えます。

聖書が伝える救いとは(5) 心の汚れからの救い

罪からの救いを考えるときに、私たちの心の汚れも問題となります。私たちの心は罪へと傾いています。

聖書が伝える救いとは(4)罪の支配からの救い

アダムとエバ物語は、罪を犯すように人間に働きかける存在、力がこの世にあることを示しています。

聖書が伝える救いとは(3)神の裁きからの救い

聖書はイエス・キリストは私たちの罪のあがないのためのいけにえとしてご自身を献げられたと語ります。

聖書が伝える救いとは(1)

聖書が伝える救いは、まず罪からの救いです。創世記6章からノアの洪水の物語が始まります。

赦すということ

赦しについて私の考えを紹介します。私に対して罪を犯した人が謝罪したら、私は赦します。・・・

上手に失敗する

失敗したらもう一度やってみればいい。そしてまた失敗することです。前より上手に失敗することです。

救いを考える(9) 義とされた人

義とされた私たちが罪を犯したら、義とされたことは取り消されるのでしょうか。取り消されません。

救いを考える(2) 死と命

人は皆、アダムにつながる人として罪を犯し、罪の支払う報酬として死にます。しかしキリストを信じ、キリストに結ばれるとき、永遠の命を得ることになります。

神の愛を知る(14)罪から救う神の愛

神の愛は、私たちを罪から救う愛です。神の愛ですから、罪から私たちを完璧に救います。では罪からの救いとはどのようなものでしょうか。

人生航路の第二段階(77)隣人愛するとは

キリスト者の実際の生活を考える時、身近な家族こそ、第一の隣人ではないでしょうか。身近な家族だからこそ、自分を愛するように愛することが大切です。

人生航路の第二段階(76)私の心の底にあるもの

私の内にある問題点とは、自分を第一にする心が心の底にあるということです。私は自分を罪深いと考えます。

人生航路の第二段階(71)いざ、罪と戦う

罪に勝利する、大げさな表現かもしれません。罪に打ち勝つ秘訣です。

人生航路の第二段階(70)赦しがたい人を赦す

Aさんは<赦さなければいけない。でも赦せない>という思いが心の中でぐるぐる回り、辛い日々が続き、どうしようもなくなり、「神さま、赦します」と祈りました。するとどうしたことでしょう・・・

人生航路の第二段階(69)キリスト者の死と復活

キリスト者はキリストと共に死にましたが、キリストが死者の中から復活したようにキリスト者はキリストと共に生きることになります。