クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

老いを生きる

わたしと共に目を覚ましていなさい

ゲッセマネの園でイエス様は「わたしと共に目を覚ましていなさい」と弟子たちに命じました。これは私に向けられた言葉です。

聖書をこととして読む

イエス様は聖書に示された神さまの救いの計画に身を投じました。聖書を我がこととして読むことを教えられます。

御国への一日の旅路

物憂い思いで目覚めた一日。色々なことがありました。

愛は決して滅びない

愛は決して滅びない。私を愛する神さまの愛も滅びない。

春の到来のしるし

散歩をしながら道端に咲いている花を探しています。春が来るというしるしを見たいからです。

神の栄光を現すために

神の栄光を現す、これはキリスト者の生きる目的です。老いて、この課題に取り組む思いに導かれました。

年の暮れの思い

年の暮れを迎えた思いの紹介です。聖句が心に残ります。

新しい経験

年をとるとは、新しい経験を積み重ねること。老信徒の語った言葉が思いだされます。「手術が必要です」。ドキッ。

物憂い気持ちで目覚めた朝

中国から日本へ仏教を伝えるために渡来した鑑真の布教に対する思い。

喜んで死ぬ

死を越える楽しみ、それが喜んで死ぬことを可能にするのではないか。

葬儀の知らせを聞いて

葬儀の知らせを聞き、老いを生きることの恵みと厳しさを思わされました。教会が慰めの共同体であってほしいと切に願います。

挑戦・チャレンジ

私は今三つのことに挑戦しています。常にチャレンジできる、うれしいことだと思います。70歳を超えていますが。 1.ペン回し ボールペンを手で持ち、指をクイッと動かしてペンをぐるりと回転させるあのペン回しです。上手な人のペン回しを見ていると神わざに…

死に備える

死に備えることを教えるルターの文章との出会い

成し遂げられた

成し遂げられたと語って十字架のイエスは息を引き取られた。使命を終えて父なる神のもとに帰るイエス。私もかくありたい。

明日はわが身?

新型コロナウィルスの脅威に対する恐れ、ストレスは祈りによって解消しよう。

時間の感じ方

朝目覚めたときの思い。今日も「老いの一日」を過ごす。明日も「老いの一日」の繰り返し。

信徒の忘れられない言葉(9)

信徒の忘れられない言葉。 先生、老いるとは、日々新たな経験をすることなんですよ。

どのような時も幸せを

今生きるその「今」を幸せにしたい。これから訪れるどんな「今」も。

誰とも口をきかない日々

誰とも口をきかない日々。今はそれを恵みと受けとめることができるのはありがたいことです。

妹を見舞うため東京へ

老いの生活は、時に試練。そして積み重ねてきた経験で立ち向かいます。そんなことを考えさせられるこの頃です。

友あり 遠方より来たる

「友あり 遠方より来たる また楽しからずや」。しんこうのともがならにきてくださり、ひとときの交わりの時を持ちました。幸いな時でした。

試練が多い老いの時期

隠退教師(牧師)の会に出席して感じたこと、思わされたこと。老いは試練の時。

日記の整理

パソコンを使って書いた日記を一つにまとめていんさつし、読み返したいと思っています。

主に喜ばれる者でありたい

同じ話をする老人になってしまった?でも淡々とこの事実を受けとめよう。老いても生きる目標は与えられる。

気が滅入る日

昨日、ふと滅入る気持ちになってしまいました。

よろこんで歳をとる(5)

『よろこんで歳をとりたい』。いい本です。共感する部分が多いです。

血圧対策、本気になれるか

血圧の薬の副作用を感じています。食事、運動などの対策をしたいと思っています。

老いを生きる光と影

老いの歩みには光と影の部分があることをあらためて自覚しました。

よろこんで歳をとる(4)

信仰者としてよろこんで歳をとりたいと願っています。そういう思いがあるからでしょうか、結果的に自分がしていることはよろこんで歳をとることにつながっていると思っています。

よろこんで歳をとる(3)

よろこんで歳をとるために心がけていることは孫の成長を見ることです。