holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

アイデンティティー

アイデンティティーに生きる

「あなたは何者か」という神さまの問いかけに対する私の答えは、「私のアイデンティティーは、キリスト者、福音宣教者、キリストの証人」です。具体的にどのようにアイデンティティーに生きているのか、自分を振り返りながら確認しました。 神さまに対して、…

アイデンティティーを問う神

ヨハネ福音書1章19~28節を読みました。 <聖書から> 19~20節にこう書かれています。 さて、ヨハネの証しはこうである。エルサレムのユダヤ人たちが、祭司やレビ人たちをヨハネのもとへ遣わして、「あなたは、どなたですか」と質問させたとき、彼は公言し…

新しい人とされていることを喜ぶ

新しい人として生きようとすると罪との戦いが生じます。つまり聖書の教えを具体的に実践しようとするとその教えに抵抗する自分を見いだすのです。神さまの教えに反発する自分を知らされるのです。つまり自分の真の罪を思い知らされるのです。罪とは、神ご自…

新しい人として生きる

リアルタイムの初日の出。テレビ撮影。 元旦礼拝の説教で「聖書の言葉を具体的に実行して生きよう」と語られ、うれしく思いました。 * 信仰者は、新しく生まれた存在です。神の子です。私たちが礼拝に出席する、聖書を読む、祈る、これらは新しい人とされた…

信仰者は新しい人と告げる聖書

イエス・キリストを信じる私たちは神さまによって新しく生まれた存在です。そのことを示す聖書の言葉を列挙します。あなたがどう思おうと、聖書はイエス・キリストを信じる信仰者は新しい人であると告げています。 この人々は、血によってではなく、肉の欲に…

アイデンティティー(10)

アイデンティティーを考えていくときに直面するのは、私たちの罪です。恵みとしてアイデンティティーを受け取り、応答として、アイデンティティー通りの人間として生きようとするとき、そのことに抵抗する思いが、私たちのうちに働きます。こうして私たちの…

アイデンティティー(9)

私は「神の子」というアイデンティティーを大切に思っています。アイデンティティーには二つの面があります。一つは、神さまが私たちのことをアイデンティティー通りの存在と見てくださるという面です。これは福音、恵み、と言うことができると思います。も…

アイデンティティー(8)

私が大事にしているアイデンティティーの一つに「神に属する者」があります。イエス様がファリサイ派の人たちに語った言葉があります。ヨハネ福音書8章の言葉です。 わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか。神に属する者は神の言葉を聞く…

アイデンティティー(7)

今日は和歌山県のG教会への礼拝説教奉仕でした。よい天気で気持ちのよい旅ができました。帰り大阪の天王寺駅から奈良行きの大和路快速に乗り、思いめぐらしていると前の席に座っている男性が「この電車は関空(関西空港駅)に行きますか」と聞いてきたので…

アイデンティティー(6)

自分はアイデンティティどおりの人間である、これが「私」についての真理です。 信仰者としての私のアイデンティティーは、現実の私、実感できる私とは違っています。私は神の子、正しい者、世の光、地の塩、神のもの、といっても、そうは思えないと感じ、自…

アイデンティティー(5)

アイデンティティーを意識した最初の説教は、金沢にいたとき、地区の集会で行ったように記憶しています。聖書はマタイ福音書5章の言葉を取り上げました。 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。…

アイデンティティー(4)

信仰問答書と呼ばれる本があります。私たちは何を信じるのかを教える本です。私が一番親しんだのはハイデルベルク信仰問答です。一番目の問答は有名です。 問1 生きるにも死ぬにも、あなたのただ一つの慰めは何ですか。 答 わたしがわたし自身のものではなく…

アイデンティティー(3)

キリスト者のアイデンティティーを知って、私の心は落ち着いたように思います。 私は二回、劣等感を抱いたことがあります。大学時代、牧師になってからです。大学生の時、大学紛争が起こり、クラスで討論会がしばしば開かれました。その時、具体的な意見を持…

アイデンティティー(2)

神さまはご自分のアイデンティティーを明らかにされます。神さまは、アイデンティティーどおりのお方です。神さまは信仰者のアイデンティティーを語ります。信仰者のアイデンティティーは、「正しい人間」「神の子」です。しかし私たちの存在は、アイデンテ…

アイデンティティー

「アイデンティティー」という言葉は、教会よりも世間でよく使われているように思います。私はこの言葉は信仰を考える上で大切な言葉だと考え、説教でも用いますが、だれもが聞いてすぐ理解できる言葉ではないので、使うことにためらいは感じます。だからい…

私が、牧師人生の後半になって考えさせられたことは信仰者のアイデンティティーということです。信仰者は何者か、ということです。クリスチャンってどういう人なのとの問いに対する答え、それが信仰者のアイデンティティーです。大切なことは、聖書が語る信…