クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

日々の思い

呼びかける神の声

先日讃美歌392番を歌ったとき心が震えました。 神のみ声は 昔のごと 今なお人を 召したもう 囚われし民 悩む者を 救う使いの 世にはなきか

澄み切った心

今日、友人から送ってもらったモーツァルトのピアノソナタのCDで音楽を聴いていました。集中して聞いて、聞き終わったとき、心が洗われたような、澄み切った心になっているのに気づきました。

怠慢の奴隷?

自分は怠慢の奴隷なのだと思いました。した方がよいと分かっていてそれができないのは、何かの奴隷だと私は考えています。

十字架のくしきひかり

十字架のくしきひかりを見るとはどういうこと?

年初の志し

この世で何が起きようと神さまを讃えて生きていきたい、それが年初の志です。

永遠を思う心

年末になると思うことがあります。終わりがあること。自分の人生に、そしてこの世界に。

生活を楽しむ

最近、感謝して生活を楽しむことも御心に適うことではないかと考えるようになりました。

主と共にある平安の日々

月曜日のブログに「毎日単調な日々を過ごしていると、ふと自分は何のために生きているのだろうという思いが心をよぎります」と書きました。新たな思いが来ました。

老いの中にあって

先日眼科医に行き、眼瞼下垂の症状があることに気づき、紛れもない老化の現実を見る思いがしました。

墓前礼拝にて

墓前礼拝での死をめぐっての孫とのやりとりの紹介です。

訃報が続く

「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです」(ローマ10:17)。訃報を聞くことによって何が始まるのでしょうか。

老いの日々

先週は頭痛に悩みました。ストレスが原因らしく、ストレス発散のために、山里に出かけ、ウォオーキング。

故エリザベス女王の葬儀

今日は録画しておいた、イギリスの故エリザベス女王の葬儀を見ました。

人間って色々

自分は死んだら無になると考えて、平然と日々を生きることができる、そんな人がいることをあらためて知り、人間って色んな人がいることを思いました。

生活と習慣

人間の生活は習慣から出てきているように思います。よい習慣を作ることはよい人生を生きることにつながります。

胸がいっぱいに

今日の出来事。

日曜の午後

日曜午後、双子の孫と一緒の時間を過ごしました。

信仰者にとっての讃美歌

祈祷会で賛美した讃美歌に共通点が。

統一教会で思い出すこと

テレビで統一教会のことが話題となっています。私の人生に無関係なな団体ではないことを思い出します。

家族

コロナ禍、実現できなかった妹を見舞うことができました。

自分という存在

用事があって東京に行ってきました。東京出身の私ですが、人の多さに驚くと同時に、沢山の人たちの中のひとりでしかない自分を感じます。

助けを求める叫びを聞く神

ふっと思い出したのが助けを求めて叫ぶイスラエルの民のことです。私たちの世界でも、助けを求める叫びが聞こえます。

神の約束に生きる人

神の約束に生きる信仰者の気持ちを思いめぐらします。

良き羊飼い

礼拝奉仕をしたあと羊飼いについて思いが湧いてきました。

信仰者の衣替え

梅雨間近のこの季節、年を重ねた今、気温の変化が微妙に体に影響を与えます。

自分を見つめず、神を見よう

他者と自分を比較してのさまざまな違い、それは神の恵みに下に置かれたとき、小さなものになります。理想の自分と現実の自分の違い、それも神の恵みに下に置かれたとき、小さなものになります。

貴重な日々

夫婦二人の生活、一日の終わりに感謝できる日々はとても貴重。

緑に輝く木々の姿

私が明るく輝く木の姿に感動するのは、木々が信仰に生きる自分の姿を映しているからかもしれません。

ロシアの軍事侵攻に直面して

ロシアの軍事侵攻に直面して考えさせられたことがあります。

バッハのマタイ受難曲

教会でバッハのマタイ受難曲を聴く会が開かれ参加しました。貴重な体験でした。