クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

救い

人生航路の第二段階(62)キリストの勝利

エジプトの奴隷状態からの解放を願ったイスラエルの民は、神の大いなる力によって解放されました。私たちはキリストの救いの恵みによって罪の支配から解放されます。聖書のメッセージです。

人生航路の第二段階(54)解放としての救い

出エジプトの出来事は、神の民は捕らわれから解放された自由な民であることを伝えています。そしてこれはキリストを信じる群れもまた捕らわれから解放された群れであることを指し示しています。

人生航路の第二段階(40)救われて生きるとは

キリスト者にとって救われて生きるとは、キリスト者として成長することであると私は信じています。

人生航路の第二段階(29)主イエスにつながる

私たちは主イエスがご自身を犠牲にして私たちに与えてくださる恵みを受け取ることによって私たちは主につながります。

人生航路の第二段階(28)ぶどうの木の枝のイメージ(続き)

「たしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている」。この言葉で大事なことは、主イエスが私につながってくださるので、私たちも主イエスにつながることができるということです。

人生航路の第二段階(22)キリストに結ばれる時

私はキリストに結ばれた時、その人は真のキリスト者になるのだと考えています。

人生航路の第二段階(19)神の戒めを喜ぶ

私はクリスチャンが「神さまの戒めを守らなければならない」と語るのを何度も聞きました。なぜ、守らなければならないのかと考えるのでしょうか。

人生航路の第二段階(15)恵みの救い

キリストによって救われたキリスト者はどんな人かを描写します。

人間の滅びについて

聖書が告げる救いとは滅びからの救いだと書かれています。ロマ書を読んで滅びを語ることをためらってはいけないと思うようになりました。

人生航路の第二段階(9)信仰によって義とされて

「信仰によって義とされる」とはどういうことなのか、考えたいと思います。

「すでに」と「いまだ」(3)救い

クリスチャンは救いの約束をいただいて、神の国を目指して人生を歩みます。

父の独り子の栄光を見た

栄光を見るってどういうことでしょうか。栄光を見ると言っても、肉眼で見るわけではなく、見るなら心の目です。

私もキリストの証人

ヨハネ福音書には神から遣わされたヨハネは光について証しするために来た、と書かれています。私もキリストの証し人として語ってみたいと思います。

クリスマスに思う(2)待ち望まれる救い主

旧約聖書は人間の罪を明らかにします。そして救い主を待望します。

善悪の知識の木

創世記によれば、神は人間を造り、善悪の知識の木の実は食べてはいけない、食べると必ず死んでしまうと警告されました。なぜ?

十字架のつまずきを越えて

わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなもの」。 キリスト者はつまずいていないのか?

神を恨むのをやめたという話し

幼い頃に抱いた死の恐れ。恐れるたびに心が傷つきました。それが神への恨みとなりました。

私が説教で使うたとえの紹介(2)テレビのたとえ

私が使うオリジナルのたとえの第二弾。テレビの修理の話しです。

君を見つけた

新しい花との出会いから神さまの思いに心が向きました。

キリスト者の救いとは

イエス・キリストによる救いとは、罪を犯すという不具合を持つ人間を修理することです。