holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

死もまたイエスに倣う

 三日ほど前にルカ福音書の最後、主イエスの昇天場面を読みました。その時は黙想をして時間切れ。今日はその続き、適用です。主イエスは弟子たちの目の前で天に上げられ見えなくなりました。主イエスは目に見えない世界に行かれました。マリアから生まれ、十字架で亡くなりましたが三日目に復活し、そして見えない世界へ行かれました。

 私には一つの祈りがあります。年をとったからの祈りですが、自分の死を受け入れることができるようにとの願いです。神の国に迎えられるのだから、それでいいじゃん、との内心の声もありますが、より深く信仰的に納得したいとの思いがあります。

 今日は主イエスの昇天場面から、一つの思いを与えられました。主イエスはマリアから生まれ、使命を果たし、見えない世界へ行かれました。主イエスと同じように、私も母から生まれ、使命を果たし終えて目に見えない世界に行くと考えよう。信仰者らしい死の受けとめではないでしょうか。主イエスと同じように!

 聖書を読み、思いめぐらしながら、死を受け入れる備えができるのも恵みだと思います。祈りにこたえてくださった神さまをたたえます。


 今日は午後散歩しました。説教黙想をしながらの散歩です。いつも車で通る通りにあるお店で、その店の前に人だかりができているので、なぜかなと前から疑問に思っていたので調査をかねてです。道路とお店の間に駐車場があります。駐車場のわきに細い路地があります。路地の入り口にはフレンチレストランの案内があるのです。いくらはやるフレンチレストランでも午後二時頃に行列ができるはずはないので、不思議に思っていたのです。路地の入り口に立ってみると、右側にレストラン、左がその店でした。天然酵母で作った健康を重視したパンを売っているパン屋さんでした。これで一つ疑問が解決。

f:id:holala:20190510230339j:plain

校倉造りの正倉院