holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

ある牧師と話をしているとき、
彼がこんなことを言いました。

「死の恐れというのは、神が与えるもの、
神が牧師として働く者に与えるものではないか」。

それを聞いて僕は驚きました。
そんなこと、聞いたことがありませんでした。
そして彼は、僕の知っている神学校の教授や、神学者の名前を挙げるのです。
彼らもまた死を恐れたことを語っているというのです。
そして夕食の時、このことを妻に話しました。
すると急に胸がつまり、泣いてしまいました。
なぜ泣いたのか、と後で考えました。
僕は、死の恐れがある故に、創造主なる神を賛美できませんでした。
死がある世界に生まれたことを感謝できないのでした。
しかし、死の恐れを持ったのは、神がみ言葉の役者(えきしゃ)
として立てるためであったと思わされ、
神の愛が自分に注がれていたことを知ったので、
だから泣いたのだと思わされました。
忘れがたい恵みを与えられたように思いました。