holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

まだまだ生きるつもり

 それなりに年齢を重ね、体も年齢相応になっています。血圧が少し高く降圧剤を服用しています。先月中旬、唇にしびれを感じました。医師にも相談して薬の服用を中断しています。なぜしびれが出るのか原因は分かりませんが、医師は血液検査を提案しました。結果として特に問題はなかったのですが、以前の検査と比較して、血液の量が少なくなっているというのです。

  • 作られる血液の量が少なくなったのか、
  • 体内で出血があるのか、
  • 何らかのかたちで血液が壊れているのか、

「このどれかだと思います。血便は出ていますか」「出ていないと思います」。「では念のため検便をしましょう。容器を受け取り説明を聞いて下さい」とのことで、診察室を出て、看護師の方から説明を受けることになりましたが、いきなり「ああ、大腸ガンの検査ですね」と言われ、「えっ、そうなの、はっきり言われちゃったな」と少し複雑な思いになりました。

 今日はその検査結果を聞きに行きました。問題はないだろうと思っていましたが、何を言われても不思議ではありません。いささか緊張して診察室に入りました。検査結果の紙が目の前に置いてあり、マイナスの記号があったので大丈夫だなと思いました。そして「検査結果は問題はありません」と医師から言われほっとしました。

 考えてみると、「残念ながら詳細な検査が必要かもしれません」と言われても不思議ではなく、そう言われたら自分はどうするのだろうかと思いました。検査をするならするで、それなりに気持ちを切り替えるのでしょうが、そんな切り替えはしたくありません。そんな自分を見ていると、まだまだ生きるつもりでいるようです。

 私は自分の死に備え、聖書を黙想しています。今度はどの句を黙想しようか考えていましたが、今、詩編90編1~3節を黙想することに決めました。

主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。
山々が生まれる前から
大地が、人の世が、生み出される前から
世々とこしえに、あなたは神。

 

f:id:holala:20190617203158j:plain

キンシバイ(金糸梅)散歩道にて