holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

必要を満たす神

 今日はフィリピ書の4章最後の部分を読みました。フィリピ教会はパウロの宣教のために物質的な支援を送りました。そのことをパウロは喜び、その支援は神に喜ばれるいけにえであると語りました。フィリピ教会の人たちは喜んだことと思います。そしてパウロは励ますかのように言います。

わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。
(フィリピ4:19)

 この聖句はある時から、私たち夫婦を支える神さまの約束の言葉となりました。最初に赴任した教会では、三年目から会堂建築の話しが具体化しました。私が赴任する前から土地を購入し、移転する計画がありました。会堂建築のためにそれなりに献金をしました。

 次に赴任した教会でも会堂建築をしました。古い会堂でした。葬儀などで人が多く集まるとで二階の床が抜けるのではないか、との恐れがありました。また床にはシロアリが大量に発生しました。危機感を感じて会堂建築に取り組みました。そしてそれなりに献金をしました。経済的なゆとりなどありませんでした。私は四人子が授かりましたが、ある時、上の三人が同時に大学に在籍することがあり、授業料や住居費などのやりくりの窮することがありました。

 その時頼みとしたのが、上に引用した言葉です。神さまは必要なものをすべて満たしてくださるとの約束に信頼しました。といっても天からお金が降ってくるわけではありません。幸いに妻が保健婦(今は保健師)の資格を持っていました。この資格を生かして仕事をすることができました。週五日間の勤務ですが、勤務時間については、こちらの都合を受け入れていただくなど恵まれた条件で働くことができました。神さまは約束を実現すべく導いてくださる方であると知りました。そして子供たちを無事に卒業させることができました。献げるべきは献げ、必要は神さまに満たしていただく歩みを続けてきました。感謝な歩みでした。

わたしたちの父である神に、栄光が世々限りなくありますように、アーメン。(フィリピ4:20)