holalaのブログ

隠退(引退)牧師holalaのブログです。

赤ちゃんにも人格が

 また幼児虐待のニュースです。二歳の女児が暴行を受け、食べ物を与えられずに衰弱死しました。こんなことが起きてよいのかと思わされます。幼児は無力です。自分に対する仕打ちになすすべもありません。

 以前、私は教誨師の働きをしていました。ある時、教誨師の研修会に行きました。その時、女性の弁護士の講演を聞きました。彼女は虐待で苦しんでいる少年少女のためにシェルター(避難場所)をつくり、彼らを保護し、自立に向けて支える働きをされています。その講演の中で「赤ちゃんには人格がある」と話されました。正直、私は驚きました。赤ちゃんに人格?

 赤ちゃんは自分の力では生きていけない存在です。大人からすれば、赤ちゃんは何かをしてあげる存在、大人の助けなしには生きていけない無力な存在です。関係性で言えば、大人は上に立ち、赤ちゃんは下に立つものと考えてしまいがちです。なので私は赤ちゃんには人格があると考えたこともありませんでした。講師の話は新鮮に響きました

 相手の人格を認めることは、自分が相手と対等な関係にあると認めるということです。赤ちゃんは無力で自分の力だけでは生きていけない存在です。誰かの助けなしには生きていけません。そんな赤ちゃんが自分と対等の立場にあると考えるなんて、思っても見なかったことでした。無力、それは赤ちゃんの特質です。無力だからといって人格を持たないと決めつけてはいけない、と教えられました。

 私にはもうじき2歳になる双子の孫がいます。彼らを見ていると、人格があることがよく分かります。自己主張をします。双子ですが性格が違い、行動パターンも違います。まだ言葉は自由に話すことはできず、自分の思いを明確に伝えることはできませんが、それでも伝えたい思いを表現しています。その思いをきちんと受けとめる、それが幼児の人格を重んじることだと思っています。二人の相手をよくする妻は、二人の人格を見て向き合っています。そしてその交わりの楽しさを私に話してくれます。

 赤ちゃんにも人格がある、このことが理解されれば、幼児虐待も少なくなるのではないかと思います。

f:id:holala:20190608140340j:plain

うぐいすの鳴き声が聞こえてきました