クリスチャンが元気になる holalaのブログ

隠退牧師 holala によるブログ

聖書黙想 マタイ福音書 7章1~5節 人を裁くな

聖書黙想の紹介です。

 7:1~2
人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。

 7:3~5
あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。
偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。

 1~2節の裁くなとの命令と、3~5節のおが屑をとる教えは、もともと別な教えであったと思われます。ルカ6章37節以下ではこの二つの教えは別物とされています。

 「裁くな」の命令。自分が他者を裁けば、同じ理由で自分も裁かれるからと警告されます。私たちが人を裁く場合、自分の心の中でなされることがあります。私たちは自分の思いの中で人を裁くのです。あの人はこういう人だと否定的な見方をし、あるいはその行いを批判します。別のケースでは、裁く思いを別の他者に告げます。ある意味それは悪口を言うことになります。

 人を裁く理由、そのものが自分にも当てはまるから人を裁くなとイエスは教えます。もし人を裁く思いが生じたなら、その裁きが自分に当てはまるかどうか、吟味することが大切となります。当てはまるなら、自分を変えなければなりません。また裁く思いが湧いたら、その人のために執り成しの祈りをすることが大切だと私考えます。その繰り返しが、裁く思いから、私たちを解放すると信じます。

 3~5節は、他者の欠点を見つけたら、それをその人に忠告することについての教えです。イエスは忠告する前に、自分の欠点に目を向けるように教えます。私たちが見つける他者の欠点。私たちが気づかない、それ以上に大きな自分の欠点。他者から見れば、私の大きな欠点は目につきます。私が他者の欠点を見て忠告するなら、相手もこちらの欠点を見て忠告することができます。実際には、こちらが忠告すれば、相手は反発を感じることが多いと思います。あなただって欠点があるのにと反発します。他者に対する忠告はよい結果をもたらすとは限りません。

 自分の欠点、自分の目から丸太を取り除くなら、はっきり見えるようになるとイエスは教えます。何が見えるようになるのでしょうか。おそらく相手を思いやりをもって見ることができるようになるのではないでしょうか。そのようにして相手に接する中で、相手も自分の欠点に気づいていくようになるのではないかでしょう。

 二つの教えが一つの段落に組み込まれています。心の中で他者を裁くこと。相手に忠告すること。いずれも、このようなことをするのは偽善者だとイエスは教えます。自分のことを棚に上げて他者を批判する、そこには優越感があるかも知れないし、自分を誇る思いやプライドが潜んでいるように思います。

 聖書という鏡によって自分を見ることが大切と考えます。この鏡がなければ人は自分を肯定しがちであり、他者の欠点に目を向けがちとなります。

何の花?